大坂なおみの記者会見にウンザリ。ワイドショーな内容は不要 – 目立つ朝日新聞のゴミの遺伝子




タイトルに、「大坂なおみの記者会見にウンザリ」と書いていますが、大坂選手に対しては全くウンザリしてる訳ではありませんので、念のため。

テニスの全米オープンを日本人として初めて制覇した大坂なおみ選手が日本にやってきた。凱旋と言われるけども、彼女の生活の中心は日本では無いのでこのあたりの表現はなかなかしっくり来ない。

テニス選手としての国籍は日本人として登録しているので、当然そう表現してもいいのですが、もはやそんなスケールには収まらない。お母さんが日本人であることと、ハイチ系米国人のお父さんのことも考えたら、日本にとっても、米国にとっても、ハイチにとっても、誇らしい選手であることに間違いは無い。

とにかく、すごいことをやってのけた日本にとっても大切な選手がやってきたということだ。

大坂なおみ選手の記者会見

午前4時半くらいに飛行機で日本に到着。9時半から記者会見があったのだが、どうもこの記者会見にはウンザリする感覚しかありません。要するに、記者の質問が全くどうでもいいものばかりだということ。彼女の物の違いを引き出す質問をしろと思いたいくらいでした。

まあ、まだ見ていない人はこちらの動画などで確認していただければと思います。

見た方の多くは、記者の質問のレベルが、なんというか本当にどうでもいいような内容が多すぎると思ったのではないでしょうか。本当に凄いことをやってのけた選手に対する質問なのかと。

中身の無い記者の質問、不要な質問に気の毒だ

はっきりって、とても大坂選手が気の毒に思える記者会見でした。

もちろん全米オープンに優勝したことについて触れるものはありましたけど、もうすでに報道されているとおりで、それ以上のものを違った切り口で引き出すようなものはなかったように思います。

そんな質問必要ないだろって思ったのが、彼女のアイデンティティについての質問。

大坂選手は、シャイな性格であると言われていますが、それが理由なのか、お母さんが日本人だからその影響なのかわかりませんが、試合などで相手に会釈するシーンがあります。これを、我々日本人が見ると、どうしても「日本的」な謙虚さを感じてしまう訳です。もちろん日本人として試合もしているので、そんな思いを私たちが持ちながら彼女を応援するのは別に問題はないと思います。

バカな記者が押し付けるマスコミの差別を前提にしてナショナリズム

でも、それを古い日本人像と質問したバカな記者がいたんですよね。彼女のハーフでありながら謙虚な姿勢はどこから来るのか?みたいな話でしょう。要するに、外国で生活しながら日本人であるお母さんの影響などの話をさせたいってことなのでしょう。

でも大坂選手はどこからの影響で身につけてきたとかいう意識はなく「なるようになったのが今の私だ」というニュアンスの回答をしました。記者が欲しかったであろう米国人とともにあっての日本的なルーツから来るアイデンティティという話をしなかった訳でしょう。

記者会見の書き起こしがネットのニュース記事になってました。その部分がこちらです。ちなみにバカな質問をしたのは、未確認ですがハフポスト日本版ニュースエディターの濵田理央という人らしいです。ちなみにハフポスト日本版は朝日新聞系列。

--古い日本人像を見直す報道があるが、自身のアイデンティティーは

 (不思議そうに)「その報道はテニスに関してですか?」

 --テニスというよりも古い日本人像、「日本人との間に生まれた人が日本人」という古い価値観があるが大坂選手の活躍でそれを見直そうという動きがでている

 「それは質問ですか? 私は自分のアイデンティティーは深く考えない。『私は私である』としか思いません。私が育てられた通りになったと思います。テニスに関しては日本のスタイルらしくないと思います」

 --(同じ記者が)もう一問

 (司会の男性)「いや。結構です」

産経ニュース:大坂なおみ、抹茶アイス「まだ食べてない」「原宿行きたい」 会見一問一答

そんなのあたり前ですよね。私たち日本人自身だって、どうやってこの自然に出て来る日本的な感覚や所作を学んだのかなんて意識して生活してない訳です。よっぽど作法に厳しい家庭でないと、そんなにきっちりやってる訳でもない。でも、生きてたら、それなりに日本人っぽい心が身についちゃってる。

それに大坂選手のお母さんは日本人でも、お父さんはハイチ系米国人。そして3歳からアメリカで生活している。どんなことが影響して、ああいう謙虚な行動がとれるのかなんてわかるはずがない。

古い日本人像? 誰もそんなことで彼女の振る舞い見ていないだろ。今の日本人が率直に共感してるんだろうし。そこに古いもクソもない。そもそも昔から日本人ってそんなに純潔種って訳でも無い。欧米系とはもちろん少ないからそのあたりに戸惑ってるだけだろう。そもそも古い日本人像を見直す動きって誰が言ってるんだよ。仮に見直しされたところで、それがまたいつか違う価値観とぶつかるものだってのは想像できないのかね?今までとは違うナショナリズムを押し付けてるにすぎない。

日本人は確かに謙虚なところはあると思う。でも、本当に自分が謙虚であるかどうか考えてみた方がいいですよね。大坂選手の振る舞いに、逆に謙虚さの大切さを身に染みたことの方が強いんじゃないでしょうか。日本人とは全く無関係に大坂選手は謙虚な人でもあると思うし。

マスコミはなんでこんな時だけナショナリズムな趣味を出そうとするのでしょう? 私も比較的保守的な考えを持つことが多いですけど、この質問はなんだかいやらしさを感じました。日本的な価値観を大坂選手に押し付けているような気がして、本当に謙虚さの無い日本の記者だなと思いましたよ。

そもそも「日本人との間に生まれた人が日本人」という古い日本人像などと言ってるのはこの記者くらいしかいないでしょう。

サッカー元日本代表のラモス瑠偉さんは、元はブラジル人で帰化しての日本代表だ。誰も古い価値観がどうたらこうたらと、あの頃言う人なんていない。逆に、ラテンの熱い性格が日本人の大和魂に火をつけたような印象だってある。質問した記者の凝り固まった古い日本人像なんて考える暇もなくスポーツ界を通してとっくの昔に現代的なものになってると考えるのが正解に近いわ。

ラグビーも国籍の話題が確かあったね。単にどう理解すればいいか、どう腹に落とせばいいか、そこをみんな探ってるだけにすぎなくて、大会が始まって盛り上がったらそんなの無関係になっちゃうんだよね。まさにノーサイド。

大坂なおみのアイデンティティ。あえて言うならそれはテニスでしょ。そもそも謙虚さ、礼儀正しさとアイデンティティは関係ない。

それに大坂選手のお父さんに対しても、日本人、日本人ってネタばかり押すのって失礼だよ。

大会の参加なのに、その質問は無し

あと、本当になんで質問しないんだよって思ったことが一つあります。大坂なおみ選手は、9月17日から東京立川でスタートする東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018に出場します。

全米オープン制覇して最初の大会です。これについての意気込みなど誰も質問しなかったのです。(見落としたかな?多分なかったと思います)

試合をしにやってきてる訳ですよ。他の質問は、日本のどこに行きたい?とか抹茶アイスは食べた?とか、SNSの話題とか、もうワイドショー的な質問ばかり。抹茶アイスやジェットコースターに乗りたいって話はすでに米国でやってるネタ絡み。アスリートへの質問じゃ無いですよ。日本のメディアは、大阪選手に片言の日本語を話させたいだけの集団にしか見えませんでした。

つい先日、全米オープン制覇の大偉業を成し遂げた選手に、そんな質問ばかりは無いだろうって思いましたよ。日本のメディアは本当にどうしようも無いなと思った記者会見でした。

もちろん、それなりの質問はありましたけどね、彼女の価値がかき消されてしまうようなものが多かったんです。

日本人か? 米国人か?って話題もあるようですが…

ネットでは、彼女は日本人か、米国人か?みたいな話題が時々流れてきます。見た目はもちろんそうですが、彼女は今は二重国籍の状態で、何年か後には国籍選択の時期が来るんですよね。

選手登録としては日本人としている大坂選手ですから、東京オリンピックは日本代表として出てもらいたいって気持ちはもちろんあります。でも、お父さんが米国人ですから米国籍を選択したってそれはそれで構わないです。日本に縁があるということだけで、日本を気にかけてくれるだけで、国籍関係なく嬉しいものです。それは大坂選手に限らず、誰でもです。

記者会見とは関係無いですが、荻上チキがラジオか何かで「大坂なおみ選手の偉業を目にして例外的に二重国籍を認めてもいいんじゃないかとか言い出した国会議員がいるけど、お前は蓮舫に対してはなんて言ってた?」みたいなことを言ったらしい。

全く問題が違う。国会議員は日本国籍を持つ人。日本は二重国籍を認めていない。国会議員は法律を作る側で、守るのは当然。その義務を果たしていないし、説明も不十分だから蓮舫の二重国籍は問題視された訳ですよ。しかも、政府側や首相のどんな疑惑も問題だ、問題だとことさらに騒いだ側だから、ならばきちんと自分も説明しろと批判されている訳です。

それに、その話は「例外的に」ってことでしょ。全く意味が違う。大坂選手が日本の国会議員に立候補するなら別ですよ。それに、まだ大坂選手は国籍選択の期限が来ている訳じゃ無い。全く問題の質が違う。それに、一般国民の二重国籍は、基本的に何も生活上問題が無ければ、きびしく取り締まってる訳でも無い。でも、どこかではきちんとしなくちゃいけない場合があるってこと。

荻上氏の問題のすり替えも甚だしい。話題として比較するのも失礼ですわ。全米オープン覇者と蓮舫。どっちが偉大だ?そりゃ、全米オープン覇者でしょう。例外を設けるならどちらがいいかは明らかです。国民栄誉賞あげていいでしょ。

最後に

大坂選手くらいの存在なら、もう日本だけのものじゃ無いですよね。そんな選手にきっとなりますよ。本当にいろんな記録を作って欲しい。それを見て、日本の若い選手が頑張れるきっかけになって欲しいです。

記者会見で、好きな日本語は?とかいうやり取りがありました。通訳の人が「ガラスの仮面を読んでいて、その中に『むらさき』さんという方が出てきました。しばらく『むらさき』という言葉が好きでした」という話をしたんだけど、一体なんなのだ?と思いました。

ガラスの仮面の主人公のマヤの苗字は北島だし、月影千草は紅天女だから色が違うし、姫川亜弓は劇団オンディーヌ、大都芸能は速水真澄と全くそんな人の名前が出てこないなと思ったのだけど、「ああ、紫のバラの人のことか!」とわかった時はちょっとだけウケました。個人的には楽しかったのはその部分だけ。

好きな日本語は?って質問、KPOPアイドルが来日した訳じゃ無いんだから。最近覚えた日本語は?って質問をKARAのスンヨンだったか「佐賀牛」とか言ってた頃が懐かしいです。

(追記)

テレビ朝日の番組の中で玉川徹がこんなことを言っていたらしい。

テニスのことも聞けよって言っているのは、テレビの前で怒っているオヤジみたいなもんだろうってボクは思いますね

スポーツ報知:テレ朝・玉川徹氏、大坂なおみの会見でテニスに無関係な質問続出…SNSで疑問の声殺到に「一番の興味に質問集中は当然。テレビの前で怒っているオヤジみたいなもん」

アホか。こいつはテレビ朝日の社員なのだが、番組での態度は本当に偉そうな態度で支離滅裂な批判的意見が多くて不快以外のなにものでもない。

「一番興味のあることに質問が集中するのは当然」とか言っているのだか、見てる人はそんな話には興味が無いから疑問の声が殺到してるわけだ。セリーナの話を持ち出しているが、あれは大きな問題でもあるからだからだろう。マスコミの傲慢さがここに見える。みんな興味あったら疑問なんで湧くわけが無い。それに、アスリート自身が「なにそれ?」ってなってる時点て質問が頓珍漢なんだよ。

やっぱり朝日新聞系列の遺伝子ってゴミばかりだわ。じっくり時間が取れるような独占番組でやれ、そんなことは。

ちなみに例の質問をしたとされるハフポスト日本版ニュースエディターの濵田理央のこのツイート。これ自体はなんでも無いものですが、クリックしてこのツイートにぶら下がってるリプライの数々を一度見てください。

https://twitter.com/RioHamada/status/1040031097201913856

本当にボロクソに言われています(笑)

当然でしょうけどね。

にしても、「テニスというよりも古い日本人像、日本人との間に生まれた人が日本人という古い価値観があるが大坂選手の活躍でそれを見直そうという動きがでている」ってこいつの発言、大坂選手にはもちろんだけど、日本人に対してもすごく失礼だよな。

マスコミは心ある日本人と心ある外国人を舐めるなよ! マスコミの俺様ルールは有害以外の何ものでも無い。

ああ、なんかムカムカして頭に浮かんだことを整理もせずに書いたから、もう話がまとまってない文章になってしまってるけど、別に見直して細かく校正する気は全くなし。

言いたいことは要するにこれ。大坂なおみおめでとう!アホなマスコミはくたばれ!現場からは以上です。

間違ってたら勘弁な!