サッカー

ペナルティエリアの外からゴールのクロスバーを狙ってキック練習

サッカーでボールを遠くに蹴るには、まず、適度な距離感を蹴ることができるかと言うことも大切です。無闇矢鱈に蹴ったところでサッカーの試合では役に立ちません。基準となるような距離感をキチンと蹴ることができるか。案外それでかなりの距離を飛んでることになるんです。

サッカー

サッカーでボールを遠くに蹴るキック力は必要?遠くに蹴るイメージとは?

サッカーでボールを遠くに蹴るには、絶対的なキック力が必要だと思っていますか?では、遠くに蹴るイメージとはどんなものを想像して実際にキックしているのでしょう? そのあたり、キック力の有る人と無い人とではちょっと考えが違うような気がします。ロングキックは視点を変えるとキック力が無くても上手くいくと思います。

サッカー

サッカーのキック力に繋がる足の筋力の動きを感じてみる

足の動きを使って、サッカーのキック力に繋がる足の筋力が果たしてどうなのか感じる方法を一つ挙げてみます。足を横に開く動きと閉じる動きです。どちらに力が入りやすいのか、簡単にわかると思います。それをキック力に繋げるのですが、その動きに似たキックの練習方法も考えてみます。

サッカー

サッカーのキック力がある人と無い人では蹴り足の力の働かせ方が違う

サッカーのキック力がある人と無い人ではどう違うのか? それには蹴り足の力の働かせ方が違うと考えているのですが、その一連の動きに助走が影響しています。ボールを遠くに蹴ろうとして、長い助走距離をとり、走りこむスピードを利用しようとして失敗しているのです。

サッカー

サッカー本に書かれた通りにボールを蹴ることは物理的にほぼ無理

サッカーのキック力をつけるために、教本などのテキストを参考にすることもあると思います。でも、そこに描かれた図は疑問符がつくようなものがあったりします。実際にそんな蹴り方はしていないような図だったりするわけです。そのおかしな点の指摘と、解決策を考えてみました。

サッカー

サッカーボールを蹴る時の軸足の重要さを勘違いしてキック力低下

サッカーでボールを蹴る時、軸足の重要さを強調されることがあります。そのために軸足を置くことだけに意識を集中し過ぎて、蹴る前にボールを蹴る力を失ってしまい、遠くに飛ばないという印象があるのですがどうでしょうか? 軸足以外に意識を向ける必要があると思います。