サッカーのキック力をつけるには練習にモノマネもアリ





Warning: Undefined array key 4 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 75

Warning: Undefined array key 5 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 78

イメージトレーニングってどんなことにでも大切ですよね。

サッカーで思ったようにボールを蹴るには、キックで飛んでいくボールの軌道や距離感をイメージしてみるのも大切だと述べました。

ボールのキック力をつける練習として、もう一つの感覚をイメージトレーニングに加えてみましょう。

それは何か?

私の個人的経験による結論は、モノマネです。

サッカーのキック練習にモノマネ?

モノマネ? となると顔真似でもします? 声真似でもしてみますか? そういうモノマネ芸人的なことは必要ありません。

いや、やっぱりモノマネ芸人的なものでもあるかもしれません。

それは形態模写です。

形態模写というと堅苦しいですが、要するにサッカーのキック力のある上手い選手のキックのフォームをモノマネして練習してみるということです。

上手くボールを蹴ることができる人と同じように蹴ることができれば、当然、それなりに同じようなボールの軌道を描けるキックになりそうな気がしますよね。

成功している人と同じことをすれば成功する!あれ?なんだか自己啓発書に書いてるような話になってしまってますが、理屈としてはわかりますと思います。

身近な上手い選手のキックを真似してみる

では、どうモノマネするか。

上手い選手のプレーをよく観察しましょう。憧れのプロ選手でもいいですが、まずは身近なチームメイトからでいいと思います。

小中学生なら、1年先輩の目標にできる選手とかでもいいのでは無いかと思います。一緒に練習している訳ですから、意識して同じように蹴ってみるのもいいです。

助走の距離は?走り込むスピードとタイミング、そしてリズムは?足はどう蹴り出してる?目線の高さは?上半身の動きは?ボールを蹴ったときの足首はどう振り抜いてる?フォロースルーはどのくらい?右手はどう動かしてる?左手もどうバランスを取っている?重心の高さってどこにあると感じる?

このようにいろいろと観察するところがあると思います。

その先輩になったつもりでボールを蹴ってみてください。1学年上の人のプレーですから、自分もちょっと成長したようなイメージトレーニングにもなるはずです。

キックした時のボールの音も意識してみる

フォームをモノマネしたあとは、もう一つ耳にも意識を向けてみましょう。

ボールを蹴ったときの音はどうすか?

先輩が蹴ったボールの音と自分が蹴ったボールの音、同じですか?違いますか?

このボールの音をしっかり感覚に入れましょう。ボールが足に当たって弾いた音が、ドーンと言う音なのか、パーンという音なのか。

ボールが飛んで風を切って進む音が聞こえますか?シューッという音がしたりしませんか?

先輩の蹴ったボールと同じような音が聞こえたなら、自分が蹴ったボールも同じように飛んでいっているはずです。

目と体と耳を使って、しっかり目標とする選手の動き全体を意識して、身体にプレーをコピーしてしまいましょう。なかなか良いイメージトレーニングになると思います。

憧れの選手をモノマネするって大切でしょ?

誰もが憧れの選手っていると思います。

みんなプレーをモノマネしたりするでしょ?プレーだけでなく、ユニフォームの番号やスパイク。点を取ったときのガッツポーズとか、ルーティーンの動きとか。

そういったところから始まるものってあるとも思うんです。変則的なフェイントや足のステップなど、最初は「なんだあれ?どうやってるの?」って目が点になりますが、ビデオをスローにしてゆっくりした動きから真似をするのを繰り返していると、次第にプレーできるようになったりしますよね。

キックだって同じ。憧れのプレーヤーのキックをよく見てみましょう。最初は雰囲気からでもいいと思いますよ。

ちょっと今回は奇妙な話だったかもしれませんが、目と体と耳を意識することは、結構イケてると思いますよ。

サッカーテクニック向上メソッド【CFHY01ADF】