YouTuberのKAZUYAくんが自民党議員の発言を問題にした動画は評価します




YouTuberのKAZUYAくんが投稿した動画が、ちょっとした話題になっています。

というのも、自民党の国会議員である青山繁晴さんの発言について「ちょっとこれは何?」と思うようなことがあることに対して、素直に批判的な意見を述べた動画だったので、政治的に保守的な人たちを中心に、賛否が沸き起こっているような状態となっています。

青山さんは、日本の為にいろんなことを一生懸命やっていると思います。評価すべきところも多いですし、自分の知らなかったことなどに触れる機会も多くあって、概ね勉強になるような話が多いと思います。

でも、私自身「なんか青山ワールドみたいなところもあるなぁ」と感じることもあって、時々話半分で聴いたりした方がいいなとか、「この話は深く考えずにスルーした方がいいな」などと思うことも何度かありました。

私個人としてそんなに気にしておらず、自分の中で取捨選択すればいいと思っていたのですが、KAZUYAくんは今後の影響も考えてか、問題提起も込めて批判動画を公開したのでしょうね。

批判覚悟で言いたいことがあります by KAZUYA

さてどんな動画だったのか。

それはまず、KAZUYA channelの該当の動画を見ていただくに限りますね。

タイトルは「批判覚悟で言いたいことがあります」とあり、サムネイルにも「あえて言いたい」の文字。

どんな内容なのか気になりますが、見た人はどう思ったでしょうか?

冒頭でKAZUYAくんが述べているように、話をちょっと盛ってしまうのは、誰にでも時によってあるかもしれないが、信じられないような話ばかりになると、その他の話の信憑性が疑われてしまうかもしれません。

そうなると、せっかく支持してくれている人の中にも、「もういいか、この人」と思って離れて行ってしまうことにもなりかねません。

事例は違うかもしれませんが、日本の韓国疲れ、米国の韓国疲れなんかも似たような構造かもしれませんよね。特に何も思っていなかった層が、そっぽを向きだすって感じでしょうか。

流し見していた私の勘違い – ある意味危ない

実はこの動画、私は最初は勘違いしていたのです。

所詮、YouTubeの動画です。適当にみることだってよくあります。今回のKAZUYAくんの動画も、最初は再生しただけで特に真剣には聴いてなかったんです。

で、冒頭でこんな話をKAZUYAくんは事例として出したわけです。

  • 腕から金粉が出る
  • 60歳過ぎても100メートル12.4秒
  • 生まれてすぐタライに立った
  • がんが消える
  • パソコン4台で別々の原稿をやりつつ映画を2本流しながら音楽を聞く
  • 質問1000件を暗記

これを、自民党所属の国会議員が発言しているとKAZUYAくんは直接名前はあげませんでしたが指摘したのです。

ここで私は、とても恐ろしい感覚になりました。

私は最初、何も考えずにボケーっと見てたのです。

腕から金粉に始まり、がんが消えるって話あたりまで耳にして私が思ったことどういうことか。

「今日のKAZUYAくんは怪しい新興宗教の話題でもしてるのかな? あ、政治系YouTuberでもあるから、北朝鮮指導者のカリスマ性を讃えるエピソードみたいなネタなのかな?」

こう私は一瞬感じたのです。

でも、自民党国会議員の発言。パソコン4台や質問暗記の話で誰の発言なのかピンときました。

私が勘違いした部分って、まさにカルトが言ってるようなことと同じですよね。一歩間違えば、本当に信頼を失ってしまうような話です。

まとめて述べたからそう感じた面もあるでしょうけど、あらためてこれは問題だと思いました。

わかっている人はいいのだが…

普段、取捨選択しながら見ているので、「ああ、なんか大げさな部分に感じるところはあるな」と思うことはありましたが、必要な部分だけ理解しようとしていました。そういう受け取り方をしている人がおそらくは支持者のほどんどだと思います。

ただ、無党派的な人が聴いたら、ちょっと危ないなと思う人も多いと思いますし、ファンの中でも「ここは嫌な部分かな」と思いながら話をきいている人もいるはずです。この層は、何か閾値を超えたら、スーッと引いてしまうことだってあるでしょう。

国会議員だからこそ、与党自民党の議員だからこそ、そして日本をしっかりした国にしたいと思っている人だからこそ、KAZUYAくんは「この点だけはなんとかして欲しい」と思っての動画公開だったのだと思います。

そういう人なんだよな、とわかっている人はいいのですが、やはり知らない人は不気味に思うでしょう。それに知らない人こそ、支持を広げて行かないといけないものでしょうしね。

普通の人ならこういう言い方かな?

先ほどの不可思議な話。誰でも、おそらく盛ったり、大げさに話したりしたことはあるはずで、ちょっと行き過ぎかなと思うようなことは、抑えて話をしたりするものです。

上での事例は、普通の人ならこういう言い方になったりするのかな?

  • 腕が粉を吹いてた。汗の塩かな?体調が変なのかな?
  • 60歳過ぎても足の速さには自信があります。
  • 赤ちゃんの頃、結構足腰が強かったみたい。
  • (いらぬ前提は話さずに)抵抗力がついたのかガンが治った。
  • いろんな原稿を書くとき、BGMがわりに映画とか音楽を流してテンションあげてます。
  • 質問には一応全部目を通しています。

こんな感じじゃないですかね。

変な支持者? 偏った人? 意味を理解できない人?

「あえて」と言って公開したKAZUYAくんのところに、賛否両論がもちろんあったようです。

KAZUYAくんのその後の反応を見ると、それなりに問題提起の意味はあったかなという感じでしょうか。理解を示している人が多いようです。

でもいるんですよね、変な人が。

直接言えとか。保守分断する気かとか。そこはスルーすべきところだとか。さらにおかしなのは、作家の百田尚樹さんやジャーナリストの有本香さんに対して「裏で手引きするな」とかいうクソリプを送っている人。これは筋違いも甚だしい。子供同士でやるならまだしも。

問題はそこじゃないですからね。そこを問題にしたいわけじゃないでしょうし。

確かにもったいない

青山さんの言動を以前からウォッチしている人でぼやきくっきりさんって人がいますが、この人の反応が一番いいのではないですかね。

確かにもったいないです。

青山さんの話、硫黄島の話とか私も「ああ、そういうことか」と思うようなことがありましたし、日本の誇りや文化を守ることって、ひょっとしたら自分に自信を失っているような人にとってちょっとした防波堤になったりすることがあるよな、と個人的に感じることもあったり、為になることはたくさんあります。私自身の過去の失敗などを振り返ると、日本の伝統や文化に誇りを持っていたら、「あそこでの心持ちが違っていたかもな」と思うこともあったりするんですよね。

もちろん、是々非々のところもあって、その考えはどうかな?と思ったり、前と言ってることが違うなと思ったりすることもあります。それは一貫していないということではなくて、新たに勉強し直してアップデートされてるということもあったりするので、慎重に読み解かないといけませんが。

盲目的にならず、青山さん自身も、今回のおかしいと思われた指摘などについて耳にしたとしたならば、誹謗中傷目的ではないのであればしっかり受け止める人でしょう。それこそ違う意見の人と仲のいいことが多いと彼自身も言ってますから問題なんてないでしょう。真剣なことならば、色々と意見を交わせばいいでしょう。それこそ、聖徳太子の十七条憲法「和を以て貴しと為し」、明治天皇の五箇条の御誓文「上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし」という日本の大切な精神だと思いますよ。

確かに単なる面白いおじさんとか、よく怒鳴るおじさんってだけの話ならいいのですが、国会議員ですからね。失言とかとは違う感じのことなので、気をつけていただいてもいいと思います。それに、ネット番組ではそういう要らぬ話の時間を、もっと解説とかに使って欲しいってのもありますからね。

ただ、本当に何も考えずにKAZUYAくんの動画を見てて、「カルト教団や半島の独裁者の話?」って勘違いしたことには自分でもこの重なりに不気味さを感じました。この問題、気をつけたいところですよ。敵に隙を与えない為にも。

追記

(追記:2019年4月16日)

KAZUYAくんの動画投稿からもう1週間以上経過しています。

そろそろ落ち着いてもいいんじゃないかと思うのですが、KAZUYAくんにツイッターでまだリプ送って苦言的なものを言ってる人がいるんですね。

それこそ、「批判はおかしいよ」って指摘するその姿勢がリプする人本人にも向けられるべきことじゃ無いのかな? 

てかいつまでこだわってるんだよ。ウジウジと気持ち悪い。なんて思えてもきます。後ろ向きすぎるわ。