名言・名場面だらけのリオ・オリンピック。敢えて選ぶ、心に残ったもの。

スポンサーリンク
記事上広告
スタジアム

安倍総理がマリオになって終わったリオデジャネイロ・オリンピック。

今回の日本代表選手の活躍は、はっきり言って痺れるものばかりでした。人生観や世界観を変えてしまうような凄さを見せてくれたと思います。

そんな中で、いろいろ名言や名場面もあったと思います。

人それぞれ「あれがいい」「こちらがいい」というのがあると思いますが、私が敢えて今思い出して選ぶのはこの言葉かな?

内容的に満足できるものではなかったですけど、柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさを見ている皆様に伝えられたんじゃないかなと思います。

柔道73kg級の大野将平選手の言葉です。

なんだか日本柔道の真髄を感じるような言葉だと思いましたね。

あと、こちらの言葉も印象に残りましたね。

これが自分が教えてもらったレスリングです。

女子レスリング63kg級の川井梨紗子選手の言葉ですね。

金メダルへたどり着くまでのいろんなことを連想しそうな言葉だと思います。自信とも謙虚さとも受け取れるような素敵な言葉でした。

名場面は本当にいろいろあるでしょう。レスリングの終了数秒前からの逆転劇、女子バトミントンのこれまた凄い逆転劇etc

他にもいろいろ金メダルがあったことを忘れてしまいそうなくらい、凄い戦いを見せてくれたリオ・オリンピックでした。

その中でも、やはり私はこれが衝撃的でしたね。

(埋め込みコードがサイト内での動画再生だとブロックされるようなので、YouTubeのサイトに飛んで視聴してくださいね)


https://youtu.be/2RWr2KwBoIY

テレビで見てて思わず「ヒャーッ!」声が出ましたよ。

いろんなメダル獲得シーンがありますが、この400メートルリレーの決勝の映像は何十回と見ています。

何度見ても気持ちがいいです。

さすがにボルトにはちぎられましたけど、本当に緊張感のある名レースでしたね。

もう日本のバトンパスの見事さは言うまでもないですが、それに伴ってのコーナリング速度ってどこにも負けてないと思いましたね。えぐるような切れ味を見た感じがします。

4人の力を合わせたら、単に4倍になるわけじゃない。それ以上の力になる。そんな思いにさせられました。

それにしても凄い大会でした。2020年の東京大会にしっかり繋げてもらいたいです。

閉会式の日本のパフォーマンスも良かったね。


https://youtu.be/sk6uU8gb8PA

東京大会の演出はもう同じ演出メンバーで企画して欲しい感じ。アイドルグループとかダンスグループとか使わなくていいです。Perfumeだけ使って欲しいです。

SEE YOU IN TOKYO

(追記)

全メダル獲得シーンの映像もありますね。やはり圧巻ですわ。

<金メダル>


https://youtu.be/14VeCNnR5ag

<銀メダル>


https://youtu.be/UxZRcguwv38

<銅メダル>


https://youtu.be/0_a8SkAPhXM

さあ、パラリンピックも応援しよう!

<関連記事>
「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」スラムダンクではなく女子レスリングでこそ感じた言葉!あ、バトミントンもだ!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です