WordPress Ping Optimizerで検索エンジンが更新記事を見つけやすくする

スポンサーリンク
記事上広告

検索エンジンがブログの更新記事を見つけやすくしてもらうためには、pingサーバーに記事情報を送信することが一つの手段です。ping送信と言いますが、WordPressの初期設定ですでに送信設定は終わっているはずです。

「投稿設定」の「更新情報サービス」の設定と、「表示設定」の「検索エンジンでの表示」を選択していれば、ping送信は行われています。

ただし、このままでは記事の保存や更新をするたびにping送信が行われて、記事の編集タイミングによっては頻繁に送信作業が行われることになります。それがスパム行為に間違われる可能性があるので、記事公開時のみ送信されるように調整してくれるのが、WordPress Ping Optimizerです。

特に気にする必要はないとか、WordPressの機能も上がっていて言われるほど不都合ではないとかいう話もあるようですが、念のためインストールしておきます。

WordPress Ping Optimizerをインストール

プラグインの新規追加をします。

WordPress Ping Optimizerを検索して、「今すぐインストール」をクリックして「有効化」します。

設定に移ります。

左側の項目から「設定」を選択すると「WordPress Ping Optimizer」が表示されているのでクリックします。

WordPress Ping Optimizerの設定画面が表示されます。

“Separate multiple service URIs with line breaks:” の枠の中に、ping送信先を入力します。WordPressの初期設定で「更新情報サービス」の設定をしていれば、すでに入力されているはずです。「Enable pinging」にチェックが入ってることを確認して「Save Setting」をクリックして設定完了です。「Limit excessive pinging in short time」にチェックを入れても構いません。

ping送信先は他に初期設定の時にも述べましたが、数が多すぎるとサーバーに負荷がかかりすぎるので注意が必要です。ネットで検索すればたくさんの一覧を挙げているサイトがあるのでお好みで使ってください。私はこの5つくらいの設定で十分だろうと思っています。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://pingoo.jp/ping/

ネットで挙げられているping送信先は、場合によってはエラーが出ることがあります。もうすでに使われていなかったり、WordPressやサーバーの設定を変更して送信できるようにすることもできるようですが、そこまでする必要性を感じないので深入りしないことにします。

以上でWordPress Ping Optimizerの設定は完了です。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です