いきなりMacBook Proの電源落ちる!焦るも原因はバッテリー交換時期

スポンサーリンク
記事上広告

タイトルの通りです。ちょっと焦りましたよ。MacBook Proの電源を入れて起動したと思ったら、数秒で画面が真っ暗に。

電源コードを繋いでいたかどうかは忘れてしまいましたが、再度電源入れたり、ゴソゴソしていたら再度起動。1回目は気にしていなかったのですが、2回目が今朝起こって「一体どういうことだろう?」と思ってしまいました。

特に他の操作で不都合はなかったので、いきなりの出来事にびっくりしました。

で、ふと思ったのがバッテリー。

バッテリー容量の表示を見るとこんな表示になっていました。

一番上に「状態:間もなく交換」と表示されています。

システムレポートの「電源」の項目を確認してみました。

充放電回数が1052回となってます。こちらにも「間もなく交換」の表示。

私の機種は、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) で、確かに3年以上経過してますから、別に不思議では無い状況ですね。

充放電回数の上限は、この機種はAppleのサポートページによると1000回です。

もうそんな時期でしたか。Windowsを使っていた頃は、バッテリーの寿命なんか気にせずにアダプターで使ってましたから、MacBookとの違いを感じますね。

特に使い心地は遅さなども感じ無いので問題なし。

MacBook Pro のバッテリー交換は、Apple 正規サービスプロバイダかApple Store 直営店でやればいいんですね。

しばらく様子を見て、交換することにしよう。まだまだ使えますし。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.