MacBook Proに入れたVirtualBoxをアンインストールする方法

スポンサーリンク
記事上広告

以前、MacBook ProにVirtualBoxをインストールしていたのですが、しばらく使っていなかったのでのバージョンが古くなってしまいました。使い方を忘れてしまっていたので、もう一回学び直そうと思って、ひとまずVirtualBoxをアンインストールしてみようと思いました。

ここではVirtualBoxをアンインストールする方法をまとめてみます。

VirtualBoxのdmgファイルを用意する

VirtualBoxをアンインストールするには、インストールする時に利用したdmgファイルが必要になります。

おそらく、インストールした時点でdmgファイルは削除している人も多いと思います。

VirtualBoxのダウンロードサイトで再度ダウンロードしましょう。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Macなので「OS X hosts」をクリックしたダウンロードします。

この投稿時点では、VirtualBox-5.2.6-120293-OSX.dmg となります。

VirtualBoxをアンインストールする

dmgファイル(VirtualBox-5.2.6-120293-OSX.dmg)をクリックして解凍すると、インストーラーが開きます。

この中に、VirtualBos_Uninstall.tool というファイルがありますので、これをダブルクリックします。

するとターミナルが起動し、アンインストールの作業が実行に移されます。

途中で、

と聞いてくるので、Yes と入力して return キーを押します。

パスワードの入力も求めてくるとので入力します。

これでアンインストールの終了です。

ホームディレクトリなどに、「VirtualBox VMs」フォルダも残っているので必要であればこれも削除しましょう。

最後に

今回のアンインストールでのdmgファイルは、VirtualBoxのバージョンが違っても問題なくアンインストールできました。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.