エックスサーバーで使うドメインをhttpからhttpsにSSL化する





Warning: Undefined array key 1 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 66

Warning: Undefined array key 2 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 69

Warning: Undefined array key 3 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 72

Warning: Undefined array key 4 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 75

Warning: Undefined array key 5 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 78

ドメインとサーバーの準備ができたので、次はWordPressをインストールってことになるのですけど、今回はその前にサイトの常時SSL接続の設定もやっておきます。エックスサーバーは独自SSLを無料で設定できるようになりました。他のレンタルサーバーも同様のサービスを行うところも増えているようです。

SSL化とはURLをhttpからhttpsで接続するようにする設定です。やらなくても別に何も問題ないですけど、Googleが推奨していますし、サイトのセキュリティ面が向上するのでSEO的にもメリットがあるのではないかと言われてます。一応ここで設定しておきますが面倒だったら飛ばしてもOK。WordPressのインストールをして運用を初めても大丈夫。後からでも切り替えることはできます。(更新記事が増えた後だと、記事リンクの調整などが必要になったりするので面倒かも)

エックスサーバーでSSL化の設定をする

では、エックスサーバーのSSL化の設定をやっていきましょう。

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

「SSL設定」の項目をクリックします。

 

ドメイン選択画面が表示されるので、ブログに使うドメインの欄の「選択する」をクリックします。

 

SSL設定の画面が表示されます。「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。

 

「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のところのチェックは特に入れなくても設定できます。

 

これで設定が完了しました。すぐには反映されないので、1時間くらい様子を見ましょう。

反映してないままURLにブラウザ(Google Chrome)でアクセスするとこんな表示になります。

URLの部分もこんな感じ。

これがhttpsと正常に表示されたら反映です。

カギマークに変わっています。これでOKです。

ただ、今のままでは、httpとhttpsの両方アクセスできる状態になってしまっています。2つのサイトが存在している状態です。「.htaccess編集」から、httpへアクセスしてもhttpsへリダイレクトするように設定を変える必要がありますが、ここではWordPressをインストールした後に設定を変更してみます。