知らなかった!iPhoneのストップウォッチはアナログ表示もできたのか!

スポンサーリンク
記事上広告
analog

いつからそんな仕様があったのか知りませんが、iPhoneのデフォルトアプリの「時計」にはストップウォッチの機能があります。

このiPhoneのストップウォッチはアナログ表示にできるんですね!全く気がつきませんでした。

ということでiPhoneのストップウォッチの表示をアナログ表示に切り替える方法です。

iPhoneのストップウォッチをアナログ表示にする方法

iPhoneの「時計」のアプリを起動して、画面下側の「ストップウォッチ」をタップします。すると素っ気の無いストップウォッチの表示が現れます。

iphone

中程に白い点と薄暗い点が並んでいるのがわかります。

これは画面もスワイプできるという表示ですね。(ここに全く気がついてませんでした)

そこで画面を左にスワイプしてみると・・・

iphone2

ジャーン!

秒針表示のアナログストップウォッチが表示されました!

まあ、ただそれだけなのですけどね。

こういう細かい設定というか、余計な遊び心というか、無くても困らないものがあっても邪魔にならないように存在するっていうデザイン哲学には恐れ入ります。

どうでもいいところで、「おお!」と唸ってしまいますよね。こういうところがAppleなのかな。

まあ、使うことがほとんど無いアプリなので、知らなかったのも仕方ないのかもしれませんけどね。

ただ、これを知ったからといって、これからも使うことはあまり無さそうです。とりあえず知らない人がいたらちょっと優越感に浸れるかもしれませんけどw

でも、いつからこんなのあったのだ?知らなかったの私だけ?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です