Macのスクリーンショットの画像保存が遅くなった時の私の対処方法





Warning: Undefined array key 3 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 72

Warning: Undefined array key 4 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 75

Warning: Undefined array key 5 in /home/leibniz/peachcle.com/public_html/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 78

macOSがMojaveになってスクリーンショットの機能がちょっと変わりました。スクリーンショットを撮影すると小さくサムネイルが表示されて、プレビューが表示できる感じですね。

それをデスクトップなどにとりあえず保存しておくわけです。

右下に小さくサムネイルが表示されるのは、フローティングサムネールという機能だそうです。これは、[command]+[shift]+[5]を押すとスクリーンショットのツールバーが表示されるので、そこでオプションから選択のチェックを外せば、スクリーンショットがすぐに保存されるようになります。昔の機能はそうでしたよね。

スクリーンショットの保存が遅くなる

ただ、スクリーンショットをしばらく使っていると、このフローティングサムネールから保存する時に、なかなかデスクトップなどに保存してくれないようになります。

保存までの時間がすごく遅くなることがあるんですよね。

本来ならすぐに保存されるべきなのですが、10秒くらい経過してようやくデスクトップに保存されるようになってしまいます。

あまりにも遅い。

どうにかならないものか…

私の対処方法

とりあえず、私の対処方法を記載しておきましょう。

私の場合は、まず「システム環境設定」を開きます。

その中の「機能拡張」を選択します。

すると、Macにインストールした全ての拡張機能が表示されます。

このアイコンのチェック印を外したりしてみると、保存のスピードが戻りました。

どうも、このあたりが影響しているようですね。

しばらくはこれで使えます。ただ、また時間が経過すれば保存のスピードがまた遅くなるでしょう。そんなにすぐに遅くなる訳でもないので、また気になったら、このあたりを触ってみるのがいいのではないでしょうか。

最後に

ネット上には、[command]+[shift]+[5]を押してスクリーンショットのツールバーのオプションからフローティングサムネールのチェックを外せば保存スピードが早くなるという人もいるようですが、私の場合はあまり効果がありませんでした。

アップルさん、なんとかしてくれ〜