雛人形を飾る時期っていつからなの?いつから片付けるの?




3月3日はひな祭り。ひな祭りは五節句のひとつとして春を告げる行事と言われています。「桃の節句」とも呼ばれていますね。女の子のすこやかな成長を祈る行事となっています。

ひな祭りといえば、ひな人形です。「男雛」と「女雛」を中心とする人形に桃の花を飾り、雛あられや菱餅を供えます。白酒や寿司などのご馳走を用意してたのしむお祭りとなっています。

さてこの雛人形ですが、飾る時期はいつからがいいのでしょう?

雛人形はいつから飾る?

3月3日に雛人形が飾られているということはすぐに連想できますが、雛人形をいつから飾ればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

雛人形はいつから飾れば良いのかというと、節分の翌日の立春から2月中旬頃までに飾るのがいいとされています。大安吉日に飾るのが縁起がいいといわれていますので、せっかくならそういった日を選ぶのがいいですよね。

いくら仕事などで忙しいからといって、ひな祭りの前日にあわてて飾るのはよくありません。これは「一夜飾り」と呼ばれていて縁起が悪いとされていますので、遅くてもひな祭りの1週間前には飾るようにするのが良いのではないでしょうか。

雛人形はいつから片付ける?

ひな祭りが終わると、今度は雛人形を片付けなくてはいけません。せっかく綺麗で立派に飾った雛人形ですからしばらく置いて眺めていたいものですが、「雛人形をしまうのが遅れると、お嫁に行けなくなる」という話もあります。ですから早く片付けた方がいいのかもしれません。

ですが、この話は「片付けがきちんとできないようでは、立派な女性になれず、お嫁さんになるには失格ですよ」といった意味から子供への躾として言われている話です。ですから実際はひな祭りとしての意味があるわけではありません。昔からの子供の教育のひとつなのですね。

実際には特に決まりはないようです。1週間以内を目安に片付けるというのが一般的ではないでしょうか。地方によっては旧節句の4月3日まで飾ることもあるようです。これは地域やご家族からどんな習慣であるのか話を聞いておくのが良いでしょう。

いつまでに片付けるかという時期よりも、雛人形の保存のことを考えて、晴れた湿気のない日に片付けるということの方が大切です。飾るときは、直射日光があたる場所は避けたいですね。

こどもの日は祝日なのに?

3月3日のひな祭りに対して、5月5日はこどもの日です。こどもの日は端午の節句として祝日なのですが、ひな祭りは祝日ではないのはどうしてなのでしょう?

江戸時代には雛祭りも祝日として存在していたようですが、明治時代の新暦の採用に当たって祝日の位置付けた見直されたようです。どちらかというと「皇室の祝日」という側面が強くなって国民とは離れた位置付けになっていったようです。

戦後、祝日を制定するにあたって、3月3日も候補になっていたのですが、北海道や東北地方の寒い時期を避けて、全国的に温暖な時期である5月の端午の節句を「こどもの日」として祝日としたとされています。

子供の頃、端午の節句をは男の子のお祭り、桃の節句は女の子のお祭り。なんで男の子の日だけが祝日でお休みなのだろう?と思ったこともありますが、そういう経緯だったのですね。

端午の節句なのに女の子もお休み、しかも桃の節句にお祝いもされる。女の子って特だなぁ、なんて思った人もいるのではないでしょうかね?

一年に一度しか飾らない雛人形。大切に扱いたいですね。