忘年会ってどんな意味があって、いつから始まったの?




年末の風物詩とも言えるのが忘年会ですね。一年の苦労を労い、嫌なことは忘れてしまおうという意味の込められた年末の催しです。

会社単位でやったりするだけでなく、部署毎に行われたり、仲のいい仲間内で開催したり、町内会などでも宴が催されたりします。スケジュールの調整の大変な人もいるのではないでしょうか。

ここでは忘年会の始まりなどについて調べてみました。

忘年会の始まり?

忘年会がいつ始まったのか。その起源は、はっきりとは判っていないようです。

似たものとしては、「年忘れ」という行事が鎌倉時代から室町時代に催されていました。皇族や貴族が連歌を詠むという風雅なもので、現代の忘年会とはちょっと趣が違うもののようですね。

今の忘年会に近い形になったのは江戸時代と言われています。一般の庶民が一年の労を労い、その年に積もった憂さを晴らそうと、年末に親しい者同士で集まって静かに酒を飲み交わすようになったと言われています。

ただし、武士の世界では一般の忘年会のような宴は開かずに、新年会の方に重きを置いたようです。主君に忠誠を誓う武士道らしいあり方ですね。

現在の忘年会のようなどんちゃん騒ぎも行われるスタイルへと発展し慣例の年中行事となったのは明治時代からのようです。年末は政府の官僚に冬のボーナスが支給されて懐も暖かくなっています。また、東京に田舎から出てきた学生が年の瀬に故郷に帰省せずに残っている者たちがいます。そういった人たちを中心に、忘年会を賑やかに催していたようです。

「忘年会」という言葉が初めて出てくる文献

「忘年会」という言葉が歴史上初めて出てくる文献は何だかわかりますか?

それは明治時代後期に夏目漱石が書いた小説の『我輩は猫である』だとされています。それ以降、飲めや歌えの年末の風物詩として定現在のスタイルに定着したわけですが、

こういった文学の一般への広がりも大きな影響があったのかもしれませんね。

まとめ

日本の行事といえば、神仏への感謝を捧げることであったり、健康や長寿を祈願したり、邪気を祓ったりといった宗教的な意味合いと関連するものが多いですが、「忘年会」についてはそういったこととは無縁の日本独特の行事となっているようです。

最近は、自分の時間を大切にしたい人も多くて、こういった催しを欠席する人もいたりするようですね。気持ちはわからないでもないですが、良い交流の機会とした方がいいとも思います。「これは仕事ですか?」という発想は、なんとも悲しいですね。