猫はこたつで丸くなる? 今は車に潜り込む。猫バンバンとそのやり方




「犬は喜び庭かけまわり、猫はコタツで丸くなる」と昔から童謡で唄われていますが、最近の猫はどうもコタツ以外のちょっと困ったところで暖をとっているようです。

それは車の中。飼い猫が車の室内で丸くなっているというならまだいいのですが、ちょっと困った場所に潜り込んでいることがあります。

寒くなると猫が潜り込む困った場所

寒くなると知らない猫が車の見えないところに潜り込んでいるという話を聞いたことがある人も多いと思います。猫が寒さをしのぐために、車のエンジンルームやボンネット中、タイヤハウスの間などに入っていることが多くあるのです。

確かに車のエンジンルームは熱を持っていることが多いので確かに暖かいですし、冷たい風かも防いでくれるので猫にとっては冬にはとても居心地の良い場所になるのもわかります。

ただ、場所が場所だけにトラブルも多く多発しているようです。車が止まっている時は猫にとってはとても安全な場所になるのですが、車を動かした場合はどうなるか想像してみてください。

ドライバーが知らずにエンジンをかけて車を発車してしまうと、機械に猫が挟まれて怪我や命を落としてしまうという事故が発生しています。

車の故障に繋がることにもなりますし、動物愛護の面からもとても困った状況でもありますね。

猫バンバンとは?そのやり方

この猫が車のエンジンルームなどに入り込んでしまうことでの事故を防ぐために、自動車メーカーの日産自動車が提唱して広がりはじめているのが「猫バンバン」です。

参考:日産 #猫バンバンプロジェクト

猫バンバンとは、車を動かす前にボンネットなどを一度叩いてみて、中にいる猫を一度逃がしてから車を運転させようというものです。

これは一定の効果があるようでかなり反響もあったようです。7人にひとりが猫が出てくるのを確認したというデータもあるようです。ただし、猫によっては出てくることなく、逆に怖がって奥の方に入り込んでしまうということもあるので注意も必要です。

実際にボンネットを開けて確認してみるというところまでできれば問題ないのだとは思いますが…

ボンネットを叩く姿は、ちょっと不自然なところもあって気恥ずかしい面もありますが、ドアを強くしめて大きな音と振動を与えるのも効果があるようです。

車の日常点検を意識しましょう

以前は自動車は運行前の点検をしなくてはいけないというのルールでしたが、今は車の故障も少ないので日常点検で良いということになっています。昔ほどの厳密な点検は必要は無いのですが、猫が隠れているかどうかを確認する意味でも、ちょっと運行前点検というのも意識した方がいいかもしれませんね。

また、冬ということで話を進めてきましたが、夏場でも猫は暑さを防ぐために日陰を求めて車の下に隠れているということもあります。冬だけでは無いということも頭に入れておきましょう。