日大アメフト部の反則タックル問題。選手の会見と日大のコメントで感じたこと




日大アメフト部の選手による関学QBに対する怪我をともなうレイトタックルの騒動。日大の選手が記者会見を行いました。

加害者として率直に記者会見を行って、とても立派だったと思います。そう思う人がほとんどでしょう。

ここではその内容の細かく触れることはしません。会見の様子はネットでも公開されていますし、陳述書の全文も公開されていますので、そちらを触れていただければいいでしょう。

日大選手の記者会見

私の独断で行ったことではない 日大選手の陳述書全文

引用元:毎日新聞

生中継をネットで見ていましたが、この選手に関してはスッキリした感覚です。

日本大学側のコメント

選手の記者会見を受けて、日本大学側も広報部がコメントを出しました。

日本大広報部コメント全文

引用元:日本経済新聞

なんとも、予想通りのコメントというか、選手の記者会見を見た後では、問題から遠ざかったような印象しかありません。

予想出来たコメントに本質は無い

日大側のこのコメント、接触プレーの多いスポーツの経験者からすれば、何も言っていないとしか思えないのでは無いでしょうか。

会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で、「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。

私はサッカーの経験がありますが、記者会見にもあったような「(相手の選手を)つぶせ」と言う発言は、自分もしたことがありますし、選手仲間同士でもありました。

意味は日大のコメントと同様。相手チームの鍵になる選手に仕事をさせないようしっかり対処するということです。当たり負けしないようにしないといけないし、相手から逃げてもいけない。体を張ってプレーすると言うことです。もちろん、その結果、相手が怪我をするかもしれない。でも意図してそうしようとは全く思ってい無いわけです。

スポーツはフェアプレーが前提なのは当然ですからね。

当たり前はどこに消えた?

このフェアプレーの当たり前なところが一体どこに行ったのだろうと言うのか今回の騒動で感じることです。

怪我をした選手も、通常のプレーで被った怪我なら仕方ないと思うでしょうし、こんな騒動にもならなかった。

気になったことは、反則をおかした選手はフェアプレーの精神は無かったのでしょうか? こうかくと言葉だけの問題になってしまいそうなので、言い換えるとこうなります。

あの選手は、「つぶせ」という言葉を聞いたら、「反則をおかして相手に怪我を負わせるプレーをすること」とこれまでの選手生活で感じるような経験を積んできたのか?と言うことです。

それは「NO!」でしょう。

彼も「つぶせ」という言葉は日大のコメントのように「最初のプレーから思い切って当たれ」と理解してあの時まではプレーしてきたはずです。そんなことは接触プレーのあるスポーツをしたことある人なら当たり前のことだと思うんですよ。

にも関わらず、ああ言う結果を導いてしまった。

となると、日大の出したコメントは普通のことを言ってるだけでしかない。

コンタクトスポーツをやってきた人が当然と感じていることを歪めてしまうような結果を起こしてしまったのはなぜか。そこには日大指導者側に要因があると考える方が自然でしょう。

だから、この日大のコメントには何ら意味は無い。それに反省も感じられない。

ただ、やっぱり選手はあれだけの記者会見を立派にやってのける人物だったのだから、試合では踏ん張って欲しかったとも思います。でも、追い込まれてしまった人間は、ズレてしまうことも否定はできないんですよね。状況は全く違いますが、そんな経験はあります。踏ん張り切れないんですよね。

ほんと、嫌な感覚が残る騒動です。スッキリさせるのは日大側にしか無いでしょう。

それにしても大学の日本代表チームにも招集されるような選手が、もうアメフトはやらないという。そんな思いにさせてしまうなんて、教育の現場としてもどうかしてますよ。

(2018年5月23日 追記)

日本大学側も記者会見を開きましたね。

内容についてはもう何も言わなくていいでしょう。前日の学生の会見と比べると、見てて怒りを覚える人も多かったのではないでしょうか? ここまでの経緯もどうかと思いますが、日大の司会者の評判がかなり悪かったですね。

橋下徹さんをはじめとして、いろんな方がネットで指摘していました。

質問する記者の側にも問題がありそうですが。