保険の見直しのタイミングはいつ? ライフサイクルの転換期が見直しの目安!




公的保障や勤め先の福利厚生制度、自分の預金金額などを利用すれば民間の保険に入らなくても対応できる場合があります。そういう対応ができるかどうかよく調べて、足りない部分を民間の保険でカバーするというのが保険の考え方の基本です。

不必要な保険に加入しても保険料がかさむだけなので、しっかりと保険を見直すことも大切です。

でもどうやって見直せばいいのでしょうか。そのためには保険を見直すタイミングを一度考えてみる必要があるしょう。

保険の見直しをする人生のタイミング

保険の加入や契約の見直しをするには、どういったタイミングで行えばいいのでしょう?

これは、自分の人生のライフサイクルにおいて起こる大きなイベントを目安にすれば良いと言われています。

保険を見直すタイミングの人生のイベントには、「結婚」「出産」「子どもの進学」「子どもの独立」「定年退職」「年金受給」「介護」「遺産相続」といったことが起こる時期です。

「結婚」で保険を見直す

結婚で保険を見直すのは、死亡保険が中心になるでしょう。

配偶者や家族にお金を残して生活を保障するためですが、子供がいない場合は、高額な保障額の保険は必要性を感じません。また、残された配偶者が就業できるかどうかも保障を考える上でのポイントです。病気治療に対応する保険は、最近の医療事情などを考慮して考えるのが良いでしょう。

「出産」で保険を見直す

出産すると、子育てにはとても大きな費用がかかることになります。

子供の養育費や学費は数千万円かかるなどとも言われています。ですから、子供が独立するまでに、家庭の大黒柱が亡くなることはとても大きなリスクとなります。妊娠がわかったなら、死亡保険を中心に検討し、学資保険もチェックするのが良いでしょう。

「子どもの進学」で保険を見直す

子どもの進学、特に大学進学にはかなりまとまったお金が必要になります。ですから、死亡保険と学資保険が検討の対象です。

入学時期と保険の満期の時期との関係などの確認も必要です。入学手続きに必要な金額をカバーできるかチェックしておきましょう。高校入学時くらいには検討すべきではないでしょうか。

「子どもの独立」で保険を見直す

子どもが学校を卒業して仕事につく年齢になると、子どもは扶養から外れます。そのため、子どものための保障も必要性が低くなります。

死亡保障を高くしていた場合は、そこを見直す良い機会となります。その見直しによってお金に余裕が生まれますが、子育てから解放されてレジャーに楽しむのも良いですが、老後の保障に向けることも保険の見直しの一つです。

「定年退職」で保険を見直す

定年退職後の生活は、高齢になることによって病気への治療が多くなることが現実でしょう。

それまで家族のために死亡保障を高くしていた人は、医療保障や介護保障に切り替えていくことになります。医療保障の満期の時期や、自分が気になる病気などのチェックが重要になってきます。

「年金受給」で保険を見直す

定年してすぐに年金支給が開始される訳ではありません。また妻の年齢も考えると年金を受給できる時期までの年数も重要になってきます。

夫婦それぞれの年金受給開始時期を考慮して資金の確保を計画しなくてはいけません。ですから40代くらいからライフプランを考えておく必要があります。状況は変わって行きますので、老後に必要な資金がいくらになるのか、定期的に見直すことも大切です。

「介護」で保険を見直す

介護は高齢者になると誰もが直面する可能性があるものです。定年退職前後には検討することが大切でしょう。

公的な介護保険もありますが、民間の保険も病気に問題が無い時点で加入できるうちに検討しておく必要があります。健康診断での病気の早期発見に務めるのも大切ですね。

「遺産相続」で保険を見直す

相続税の対象が、法律の改正によって拡大され、今後もどうなるかわかりません。自分の資産が課税されるかどうかをチェックしておくことが必要になります。

課税されてはじめて慌てるというようなことが無いようにしたいものです。また、生前贈与にも目を向けて、資産を残すことも考えられます。特に使用予定の無い資金を保険で活用することも検討の中に入るでしょう。

まとめ

ライフサイクルの上で保険を見直すタイミングをみてきましたが、他にも「MJA」を見直しのタイミングとする考えもあります。

MはMy homeで住宅購入時期、JはJobで仕事上の変化、AはAccidentで考えもしていないことです。

こういったタイミングを利用して保険をうまく見直したいものです。