日本も最近ハロウィンで盛り上がるけど、その由来を調べてみた 




かぼちゃのオバケで知られるハロウィン(Halloween)ですが、近年は日本でも大変盛り上がるようになりました。

ハロウィン当日の夜の渋谷のスクランブル交差点などは、サッカー日本代表がワールドカップで決勝トーナメントへ進出が決定したかのような大盛り上がりと大混雑。

DJポリスをはじめとした警察の方も交通整理に大忙しです。

さて、このハロウィン。一体どういう由来のイベントなのでしょう?ちょっと調べてみました。

現代のハロウィンとは?

現代の日本で一般的に知られているハロウィンとは、アメリカ合衆国の民間行事のイメージが定着しているのではないでしょうか。

ハロウィンは毎年10月31日。

「ジャック・オー・ランタン」というカボチャの中身をくり抜いて作った提灯を飾りますが、このカボチャこそハロウィンを象徴していますね。そして、子供たちは魔女やお化けの格好に仮装して、「Trick or Treat?」(お菓子をくれないとイタズラするよ)と言いながら近所の家を訪れてお菓子をもらうという風習になっています。

これが一般的なハロウィンのイメージでしょう。

ジャック・オー・ランタン(カボチャの提灯)の作り方

ところで、あのジャック・オー・ランタンと呼ばれるカボチャの提灯はどうやって作るのでしょうか?ネットに色々と動画も上がっているので、作り方はなんとかなりそうです。

以外と簡単ですね。これは結構細かい作り方ですが、動画で使われてるような道具を揃えなくても大丈夫です。

問題はこのオレンジ色の大きなカボチャはどこで売っているかということ。八百屋ではまず売ってない感じです。でも簡単に手に入りますよ。花屋さんやデパートなどで手に入ります。ネットショップなどでも買えますね。

ハロウィン用カボチャや仮装グッズなどは楽天でも買えます。

普段食べているカボチャは小さいですし、硬いですからなかなか作るのは難しいので、この大きなカボチャを買いましょう。身も柔らかいので作りやすいです。

そういえば、似たようなものを日本ではスイカで作ったりして遊んだりもしてますね。

ハロウィンの起源はケルトにあり

11月1日はカトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)であり、ハロウィンはその前日の10月31日の晩に行われる前夜祭です。「All-hallow-even」「 All Hallows’ Eve」からHalloweenと呼ばれるようになりました。

由来は、古代ケルトを起源とする秋の収穫祭にあります。悪霊などを追い払うという宗教的な意味合いのある行事です。この古代ケルトと古代ローマ、キリスト教が歴史の中で文化的に融合していくことで、現在のハロウィンの姿へとなっていきます。

古代のケルトの1年間は11月1日から10月31日とされています。人々は、新年11月1日に悪い精霊や神が現れると信じられていました。大みそかである10月31日は、死んだ人の魂が家族のところへ帰ってくると言われ、さらには悪霊や魔女が町を彷徨うとされています。

死者の霊や悪霊が家に入らないように、人々はかがり火を焚きました。この火がジャック・オー・ランタンに繋がるわけですね。

このカボチャのお化けの姿は、堕落した人生を送って死んだ人の魂が死後の世界へ入ることが許されず、萎びて転がっていたカブをくり抜いて、悪魔からもらった石炭で火を灯したランタンを片手に持って、町中を彷徨っている姿だとされています。

もともとはカボチャではなくカブだったのですね。

おまけのハロウィン

ハロウィンと聞いてジャーマンメタルのバンドのハロウィン連想する人も多いのではないでしょうか?

マイケル・キクスの時代の Keeper Of The Seven Keys が一番ハロウィンらしいのかな?ピンク・クリーム69から加入したアンディ・デリスのヴォーカルは個人的にはオススメです。

ちなみにこのバンドはHalloweenではなくHelloweenと書きますのでお間違いなく。この話題は、おまけですねw

なぜ日本で最近ハロウィンが突然流行り始めたの?

ハロウィンについては日本でも昔から知られていましたが、最近になって特に、しかも異常なとも言っていいくらい流行り始めたのはなぜなのでしょう?

これについては、2015年10月22日のYOMIURI ONLINEの「深読みチャンネル」の記事(ハロウィーンが日本で大ブレイクのナゼ?)が参考になりそうです。

この記事によると、日本でのハロウィンの始まりは、1983年に東京・原宿の雑貨店「キデイランド」が始めた仮装パレードがきっかけのようです。これは日本初の仮装パレードと言われているそうです。

そして1997年に、東京ディズニーランドが「ディズニー・ハロウィーン」を開催。このあたりからハロウィンに関しての認知度が一気に広がります。

このあたりから年々都市部だけでなく、地方でも多くの仮装パレードが開催されるようになりました。

ハロウィンの仮装については人々が参加しやすいところがあるかもしれませんね。コスプレといえばアニメキャラという感じですが、アニオタと言われる人のキャラクターコスプレは本当に半端ないところがあります。一般の人はあそこまではなかなか出来ません。

でもハロウィンとなると、子供から大人まで参加しているように、コスプレ気質が湧き上がって仮装してしまうのでしょう。学生時代の学園祭などで仮装を経験している人も多いでしょうから、一度やるぞと決めたら簡単にコスプレしちゃうのかもしれません。

そしてこの日本でのハロウィンの盛り上がりを支えているのが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですね。この仮装した姿自撮りするなどしてFacebookやTwitter、Instagramなどに写真を投稿したりシェアしたりします。いかにインパクトのある格好をできるかと衣装にこだわることにも繋がったりしますし、参加することへの呼びかけの拡散になっているのも確かでしょう。

盛り上がるハロウィン、積み上がるゴミ

あれだけの人数の人が盛り上がって街を練り歩くのですから、道路はゴミで溢れてしまって問題になるようです。周辺住民にとっては大迷惑。行政や地域、企業などが催しとしてやっている催しなら、警備やゴミの対策もあるのですが、自然発生的に騒ぎとなってまうハロウィンはそうもいかず、参加者のマナーに訴えるしかないのかもしれません。

一方で、サッカーのワールドカップで日本の応援客がスタジアムのゴミを片付けて帰るのが話題になったように、このハロウィンでもゴミを片付けようと主張する動きもあります。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが映画の「ゴーストバスターズ」とかけてゴミ退治企画を訴えたりすることで、ゴミ拾い競争みたいな状況にもなったことは記憶に新しいですね。(2ちゃんねらーが全力でハロウィンのゴミ拾いの「善行」? 「キンコン西野」の企画潰しで「一致団結」

まとめ

ハロウィンはもともとは秋の収穫祭。そういえば、日本でも全国各地で秋の収穫を感謝する祭りだらけですよね。その頂点とも言えるのが宮中行事の新嘗祭ということになるのでしょう。

五穀豊穣を祝うということは人類共通の価値観といってもいいですね。ハロウィンで盛り上がるように、各地のお祭りも盛り上げて欲しいものです。

ハロウィンもクリスマスやバレンタインデーと同じように、日本では本来の意味からはズレた感じで定着してしまいますね。それにしても日本はお祭り好きな国民って感じです。本来お祭りは地域の住民をしっかりまとめる力があります。ゴミの問題で住民と対立することのないよう片付けはしっかりとやって楽しみましょう。