大手マスコミよりもネットやYouTuberの取材力の勝ち!もはやフリージャーナリスト?

スポンサーリンク
記事上広告

新聞社やテレビ局はもはやマスコミとしての取材力はほとんど無い。インターネット上の一般人やYouTuberの取材力・検証力の方が世の中に問題を投げかけているのが現実だな。

もはやテレビや新聞で報道されているネットで話題になったことの後追いでしかない。

ネット情報先行なのは以前から起こっていたことで、芸能人の婚約発表などは当人がブログで発表したことを新聞メディアが後追いで記事にするといった、全くスクープでもなんでも無い情報の垂れ流しだ。

婚約の情報などはまだ良いとして、芸能人がブログで書いた日記のような出来事を引用して、芸能ニュースなどにマスコミは掲載したりする訳である。いやいや、それネットそのままじゃないか。

さて、事態はそんなレベルではありません。実際にネットでの話題が犯人逮捕にまで繋がって、それを後追いでメディアが話題にするということが多くなって来ています。

ネットにコンビニ店員を土下座させる動画が出たら、そういうことはけしからんとネット民が行為者を特定して警察沙汰になり、それをマスコミが追いかける。おそらくネットを利用している人からすると、何周遅れなのだ?という感想を持つことでしょう。

極め付けは、先日のゲームセンターの景品詐欺のニュースでしょう。

ゲームセンターのクレーンゲームで、高額な景品を見せることでお客さんを惹きつけ、その実態はゲームで獲得できないような仕掛けにしていたというものです。

景品が絶対取れないように設定したクレーンゲーム機で、客から料金をだまし取ったとして、大阪府警保安課は23日、詐欺の疑いで、ゲームセンター運営会社「アミューズメントトラスト」(大阪市浪速区)社長、大平剛史容疑者(33)と社員5人の男女6人を逮捕した。保安課によると、大平容疑者は「不正の指示はしていない」と容疑を否認しているという。

引用元:日刊スポーツ 景品取れないクレーンゲーム機詐欺、社長ら6人逮捕

この話題、どこかで聞いたことある手法だなと思っていたのですが、YouTuberのジョーブログの動画で数ヶ月前に見たことある動画と同じ手口だったんですよね。

ジョーくんが怪しいゲームセンターがあるということで実際にそのゲームセンターに行ってどんな様子なのか実際に体験してみるという動画です。

どうも、この事件の犯人逮捕はこの動画がきっかけとなったらしい。ジョーくんは連日、地上波テレビに取材されることになったみたいですね。

こういう動きって、警察案件になっていないようなものも含めると結構あります。

コレコレチャンネルは、確か痴漢被害にあった女性の依頼を受けて、犯人を捕まえようと張り込みするような動画もありました。これは確保には至らなかったみたいですが。他にも渋谷駅前のタバコのポイ捨てを注意したり、ちょっとした問題提起に繋がっているネットの活動って多いんですよね。

ヒカルくんの祭りくじ動画も、ある種の詐欺まがいな状況を曝露するもので話題になりました。

もちろん、ダメな動きもあります。小麦粉か何かの入った小袋を警察官の前に落として、いけない薬と思わせて警察を挑発して問題になるようなYouTuberもいますけどね。

こういうのはけしからんのですが、ネットは玉石混交でも見る目を養えばマスメディアよりもじっくり情報と向き合える世の中になってるのだろうと思います。

もはやマスコミには世の中に問題提起をする能力は皆無としか思えないのです。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.