衣替えの時期はいつ?その意味と由来、実は衣替えは年4回もあった?




衣替えの時期はいつでしょう?6月1日と10月1日が夏服と冬服を切り替える「衣替え」の日とされています。学校や官公庁、企業において制服を採用しているところは、季節に応じて気候にあった服に切り替えますが、この日に行われるのがほとんどでしょう。

最近はクールビズが浸透して就職活動の学生もノーネクタイでよいという企業も多くなりました。東日本大震災時に電力不足を考慮して、官公庁や一部の上場企業が5月1日から10月30日まで実施するようにもなりました。

ここでは衣替えの意味や由来について調べてみましょう。

衣替えの意味と由来

衣替えの起源は、中国から伝わった行事の「更衣」が由来とされています。平安時代の宮中で旧暦の4月1日と10月1日の年2回に行われるようになった習慣です。日本でも当初は「更衣」と呼ばれていて、単に気候の変化に合わせて衣服を変えるだけではなく、「物忌み」の心身の穢れを祓う意味でも行われていました。

当時は、4月に綿の入った冬服から綿を抜いた「袷」という裏地付きの着物に仕立て直して夏服にしました。こうして4月1日の更衣は「綿貫の朔日」と言われました。一方、10月1日はの更衣は綿を入れるので「後の衣替え」と言われました。

また、衣類だけでなく、扇などの小物類も合わせて変えていたようです。鎌倉時代に入ると、畳などの調度品も衣服・小物と共に変えるようになりました。

江戸時代の衣替えは年4回?

平安時代の衣替えは、夏と冬で服を切り替えることで、心身の穢れを祓うという年2回の宮中の行事でしたが、江戸時代になると、幕府が武家の人々に年4回の衣替えをして出仕するように定めました。

旧暦の4月1日から5月4日までは、綿入れから綿を抜いて裏地を縫い付けた春用の着物「袷」うぃ着用します。5月5日からは、袷から裏地を外した単衣仕立ての夏用の薄手の着物「帷子」を着ます。秋の9月1日から8日までは、再び裏地を縫い付けて「袷」に戻します。そして9月9日から翌年3月末日までは、表布と裏布の間に綿を入れた冬用の「綿入れ」を身に着けます。

武士が年4回の衣替えを行うようになったことから影響を受けて、江戸の庶民も年4回の衣替えを行うようになりました。

衣替えが年2回になったのは明治時代

衣替えが、現在の6月1日から夏服に、10月1日から冬服にという年2回になったのは明治時代以降です。

江戸時代に年4回の衣替えの習慣が浸透していましたが、明治時代になると、鎖国を解いて欧米文化が日本に大量に入ってきたので、日本人は和服だけでなく洋服も着るようになります。

開国によって日本社会の欧米化が進む中で、政府が洋服を役人や軍人の制服に定めます。この時、新暦の6月1日と10月1日の年2回、夏用と冬用の制服に切り替えることを習慣化しました。役所や軍隊に義務付けられた洋服、そして年2回の衣替え。これがその後、小学校、中学校、高等学校などに波及して、現在まで続く風習となっています。

まとめ

平安時代からの更衣という古くからの行事と、明治の近代化という新しい流れと二つの側面があるのが衣替えなのですね。季節にあった服に変えるのはわかりますが、穢れを祓うという意味までを意識している人は現在ではほとんどいないと思います。

過ごしやすい服装に切り替えるというだけでなく、気分を一新するという意味で「穢れを祓う」感覚も意識してみるのもいいのではないでしょうか。