保険で必要な家庭のリスク管理。全ての不安を保険でカバーする必要は?




保険になぜ入るのかを考えた時に頭をよぎるのは、将来「お金の不安」に見舞われた時に保険で対応できるということを望むからでしょう。

ですが、全てのお金の不安に対応できる保険というのは無理があります。

あらゆるリスクに対応しようとすると、逆に必要の無い保険にも入ってしまって保険料の払いすぎにもなったりしてしまいます。こういった状況は防ぐ必要がありますね。

保険でお金の不安に対応する?

お金の不安が家庭に発生した時に対応してくれる保険というものはどういうものなのか? 一般的な例としてはこういったものが挙げられるでしょう。

  • 自分が病気や事故などで死亡してしまった場合、残された家族の生活をどうすればいいのか不安になる→「死亡保険
  • 病気や怪我をしてしまった時、大病であれば手術や入院で医療費がかさんでしまう→「医療保険
  • ガンになった時は必ず特殊な治療が必要になってくる→「がん保険
  • 歳を重ねてくると老後の生活が公的年金だけで大丈夫なのかと不安になる→「個人年金保険
  • 介護が必要な体になった時のことを考えると不安だ→「介護保険
  • 子供が大きくなって行くと、将来の進学費用のことを考えておかないといけない→「学資保険
  • 仕事ができない状態にもしなってしまったら不安→「就業不能保険

こういったものが家庭のリスクに対応する保険として一般に考えられているものではないでしょうか。もちろん他にも対応すべき状況はたくさんありますし、家庭や個人の状況によっても変わって来ます。

全ての保険に入ればもちろん全てをカヴァーできるわけですが、全ての不安が解消されるわけではありません。また新たに他の不安も出てくるものです。

それに対してまた新たな保険に入るといっても、無駄に保険に入るのもおかしなことですし、保険料をムダに払うことにもなってしまいます。

保険にはリスクマネジメントが必要

保険に必要な補償を見極めるには、リスクマネジメントが大切になります。リスクマネジメントとは、人生においてどれだけのリスクがあるのか、そのリスクをカヴァーするためにはいくらの金額が必要なのかを管理することです。

では、リスクマネジメントにはどのようなことがあるのか見ていきましょう。

リスクの保有

全てを保険で補填しなくても、貯金で対応できることがあります。自分自身の力で対応するのが「リスクの保有」です。

例えば、病気で1週間入院したとしましょう。保険に入っていれば、おそらく10万円ほどの医療費がかかります。

さて、これくらいの金額は支払いが難しいでしょうか?保険を利用しなくても預貯金でなんとかなる範囲では無いでしょうか。

リスクの移転

家族の大黒柱が亡くなったりした時、残された奥さんは子供たちの生活をどうしていけばいいでしょうか?

子育ても大変ですから、十分な仕事につくのも難しい可能性もありますし、そうなると進学費用などを準備するのも大変になります。保険を利用するとこういった万が一の状況に見舞われるリスクを保険に転嫁することができます。

これを「リスクの移転」といいます。

リスクの軽減

病気などは、常日頃から健康に気をつけるなどすれば、病気のリスクを軽減することができます。

食事に気をつける。定期的な運動をする。人間ドックを受ける。そういった個人でできる努力をすることで、病気になるという可能を低くすることができます。

これを「リスクの軽減」といいます。

保険に任せる? 任せない?

このように、保険によってリスクを移転することができますが、全てのリスクを保険で考える必要はありません。

あるものは保険を使わずに自分でリスクを保有したり、別の方法を利用してリスクを軽減することもできます。こうすることで、なんでも保険で考えるのではなく、リスク分散をして自分にあった保険やスタイルを管理することがリスクマネジメントです。

ムダな保険を節約したり、コストパフォーマンスを高めることもできるので、しっかりとリスクマネジメントを行いましょう。