勤労感謝の日の由来とその意味は?




11月23日は勤労感謝の日です。

日本の祝日の一つとして定められていますが、この由来が日本の皇室と深く関わっていることが大変興味深いので紹介します。

「勤労感謝の日」の制定

11月23日が勤労感謝の日として国民の祝日として制定されたのは、第2次世界大戦後の昭和23年(1948年)7月20日のことになります。「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」ことを趣旨として制定されました。全ての人々が労働とその生産物に感謝する日です。

朗々と生産物への感謝であれば、この日でなくても一見良いように思えますが、この日に定められた由来は日本の伝統文化の風習に深く関わっています。

「勤労感謝の日」の由来と変遷

勤労感謝の日の由来となる風習は飛鳥時代まで遡ります。皇極天皇の時代に始まり、現代まで続く皇室でもっとも重要な行事である「新嘗祭」がその由来となります。

新嘗祭とは、天皇がその年に収穫された新米を宮中の神殿にお供えし、自らも食して秋の収穫を感謝し、翌年の豊作を祈願するという行事です。天皇が即位して最初の「新嘗祭」は「大嘗祭」といいます。

新嘗祭は旧暦の時代には、毎年11月の卯の日に行われていました。明治時代になって、旧暦から太陽暦を採用した明治6年(1873年)から11月23日に定められ、祝祭日となります。

昭和23年に、皇室行事である新嘗祭の日を祝日とする法律が廃止され、7月20日に「国民の祝日に関する法律」が施行されることで11月23日は国民の祝日「勤労感謝の日」と改められました。このあたりは、敗戦の影響と、政教分離の概念の影響があるのでしょう。

この変更は、全く意味のない変更に思えます。日本の文化を大切することにとっては、逆行することだとも感じます。

新米はこの日まで食べるな!

新嘗祭が天皇が新米を神に捧げ感謝する日であるので、この日を過ぎないと新米を食べてはいけない!そう主張するのは、作家の竹田恒泰さんです。神様に感謝して、はじめて天皇が新米を口にするのですから、国民はその後に食べるのが本来の姿ということですね。確かに、感謝とか日本の心のあり方からするととても重要な指摘であると感じます。

ボジョレー・ヌーボーだって解禁日というものがあるのですから、日本の新米もそういうイベントにするのも理にかなってますよね。最近日本でも流行っているハロウィーンも収穫祭の意味なのですから、勤労感謝の日である新嘗祭の日も、もっと大切にしていいと感じますね。