外国人労働者の受け入れより前に、やはり賃金アップや他のことが先かも




国会で入国管理法改正案の審議入りというわけで、議論がしっかり行われているがどうか心配ではあるのだけど、それに直結してるのが人手不足の解消の為に外国人労働者を受け入れようという流れがあります。

しっかりと法律を守って、しっかり日本語も学んできちんとした生活をしてくれるのなら、別に日本に働きにくる事自体は問題無いのですが、治安の悪化や社会保障費のタダ乗り的な問題が出ているのも事実でちょっとその辺はしっかりやって欲しいものです。

でも、来日する外国人が問題になる事と同時に、日本側の体制も問題であったりするのも事実です。

ちょっと話が急に転換しすぎかもしれませんが、賃金アップがまず何よりも先だろうと思うんですよね。

昔の外国人労働者とは違う

外国人労働者を受け入れたいのは、経済界だろうというのはよく言われる話です。この雇用環境の良い状況ですから、人材確保が大変なのはよくわかります。

でも、そこで外国人労働者って、ちょっと安易かもと思います。外国人労働者って、ひょっとして安く雇用できると思って無いですかね? 実際、ブローカーなどはそのあたりを商売にしているようにも思います。それに、待遇が悪くてたくさんの人が逃げ出してるって話もよくあります。

受け入れる日本側が全くダメじゃんって思う事が多いですよね。ちょっと外国人の問題になるところは脇に置いておくとして、外国人労働者を安く雇用するって考えはもう日本では通用しないと思うんですよ。

30年前とかなら外国人労働者を安い賃金で雇うというのもできたかもしれません。日本経済は絶好調で世界のトップを伺うような時代。アジアの各国はまだまだ発展途上でした。だから、安い賃金で雇っても、生活水準がまだ低い外国では、待遇が悪くてもそんなに苦にならない面もあったと思います。多少の金額を本国に送金したとしても、向こうの国ではかなりの価値を持つような物価水準ではなかったでしょうか。かなり助かっていた時代でもあったのだと思います。

生活水準はいつまでも同じでは無い

でも、その感覚で外国人労働者を雇っては、失踪する人が出てくるのも当たり前でしょう。あの時代に比べ、アジアの各国は経済発展しています。都市部ではもう東京並みの大都市といってもいい成長をしていますし、まだまだその勢いはこれからとも言えます。

そんな中、日本は最近こそアベノミクスでようやく経済が上向いてはいますが、失われた20年と言われるほど、経済は停滞していました。発展途上の国との差は必然的に埋まっています。生活水準だって、そんなに日本もアジア諸国もそんなに違いがある訳では無いでしょう。

昔、ちょっとした貯金があれば、タイに行けば優雅な暮らしができる!って感じの話があって、実際に移住した人もいますよね。でも、タイの経済が発展し物価も上がってるので、その豊かな生活はもはや維持ができなくなり、貧しい生活に陥って日本に帰りたいと言っているというような話もあります。今と昔では全く外国人の生活水準が違う訳です。

となると、なるべく安い賃金で雇用したいって言うのは、全くの的外れではないでしょうか。外国人であろうと、日本人であろうと、しっかりお金をかけて人を雇う必要があるように思えます。どうもまだ、昭和の時代の経営や経済観念なのが日本なのでは無いでしょうか。

日本、先行きは大丈夫と言える?

待遇が悪いなら、夢見て働きにくるなんてことは無いですよね。昔のように物価差のメリットも無いのですから。

かといって外国人にだけ優しい会社であってはダメで、そもそも日本をなんとかしないとダメだということを経済界は全くわかって無いのかもしれません。政治も大きな流れの中で長期的な視点を持った政策をやってくれればいいのですけど、どうもそういう訳でもない。

少子化に対して、経済を維持するために外国人人材という訳ですが、今この瞬間なら成立するかもしれません。でも、安倍政権はあと長くて3年です。その後は、経済音痴の政治家ばかり、緊縮財政しか頭に無いバカな財務省の官僚、金融緩和の大切さをわかっていない日銀のプロパーの職員といった人の前に日本経済が置かれる訳です。さらに増税したい財務省、金融緩和を辞めたい日銀、それに予算をチラつかされて財務省の言いなりになる政治家。ポスト安倍が菅官房長官以外なら、間違いなく経済失速しますよ。

外国人労働者って、そうなると必要ですかね? 下手すれば民主党政権時代に逆戻りですよ。リーマンショックは日本には影響は少ないと言われながら、一番影響があった日本にしてしまったのは日本銀行プロパーと財務省ですよ。もちろんそれを舵取りできない政治家も責任があります。そんな状況に間違いなくベクトルは向く訳です。失業者増えますよ。

まさに現状でしか見てないですよね、今の状況って。外国人労働者の受け入れ拡大って、そうなると意味が無いですよね。

農業や漁業の分野で人出が足りないから外国人材っていうのもあるらしいけども、そもそもその業態のあり方が法律的に破綻してる面もあるだろうしなぁ。規制改革をするなりしたら、参入する日本人ってたくさんいるだろうって話もあるのに。北欧の漁業ってシステマチックですごいことになってるらしい。羨ましいですよ。

どうあれ、キチンとしたものにして欲しい

まあ、どうあれ、外国人は常にやってくるでしょう。日本が好きでやってくる人ならなんら問題無いんですけどね。ただ、日本でやっていける審査とか基準とか、保険とか医療とか社会保障のタダ乗りをさせない厳しい基準くらいは作って欲しいです。日本はちょっと甘いところがありますからね。お金をかけてでも日本語教育、日本の習慣の教育をして受け入れるべきですよ。

5年で帰ってもらうみたいな制度の分類があるけども、それくらい働いてもらうと今度は逆に戦力になっていて帰られたら困るってことにもならないのかな?手間だけ掛けて今後に繋がらないとか、そんなことにもなっちゃうかも。

それよりも、やっぱり日本人の子供たちの教育の方が大切だと思うのですけどね。と、今日はダラダラと無責任に適当なことを書いてみました。これからの日本に対する処方箋ってマジで本気で考えないとダメでしょうね。

とにかく、なんか拙速な法案審議。そしてどの立場の人も対応仕切れていない日本全体って感じです。