新沖縄県知事の玉城デニーさん、基地反対はOKですがソレはダメでしょ。




先日の沖縄県知事選挙は野党の応援する玉城デニーさんが当選しました。

私は基地移転はやむを得ないと思っている立場なので、基地反対派の知事が誕生するのは残念なことですが、これが選挙の結果なのでこれはこれで仕方ありません。

でも、裁判で最高裁の判決まで出ているのに、どうするんだろうなぁ。賠償請求覚悟で反対するのかなぁ。

どうであれ、新知事には基地反対以外のことにも集中して欲しい。翁長知事時代の県政ってどうだったんだろうって思います。知事のやる仕事は安全保障ではなく県政ですからね。

沖縄の選挙違反はなんとかならんのですか?

幸いアベノミクスの効果で地方の景気もだいぶよくなってきています。皮肉なことに、反安倍政権の立場の人にとっては、経済問題を解決するって政策を言わなくていいですよね。なんかこれまで景気刺激政策を推進してきた側としては、なんかやるせない気持ちになるでしょう。メリットが活かせない選挙戦です。逆に、この景気の良さ故に、相手候補は色々言うことができたりするんですよね。

それにしても、沖縄の選挙の公職選挙法違反はなんとかならんのですかね? 候補者のポスターが破られ過ぎです。小さいころ、近所の選挙ポスターがいたずらされていたのをみたことはあります。目玉を書き込まれるとかね。ガキのいたずらです。全候補者のポスターがやられてましたよ。

でも沖縄は特定の候補者のポスターが破られていることが多い。これは本当にダメですよ。他にも色々あるようですが、本当にちゃんとした選挙をして欲しいと思います。民主主義の基本です。その光景を見て、子どもたちも育っていくわけです。選挙というものはどういうものか正しく教えて行かないとダメでしょ。

玉城デニーさん、知事になる者としてそれをやってはダメなのでは?

さて、玉城デニー新知事。ちょっとこれはあかんのではないでしょうか?

基地反対を主張するのは当然構いません。

でもこれはアカンでしょ。辺野古反対派の「違法テント」に当選の挨拶に行くなんてもってのほかです。「違法テント」ですよ。法令を遵守して行くべき地方行政のトップになろうとする人が、違法な行為をしているその現場に挨拶に行くのは、ちょっとあり得ない行為ではないでしょうか。

もちろん、どこかの許可の得られた場所での基地反対集会などの会場に行くのは構わないと思いますけどね。

違法な行為にお墨付きを与えるようなことを地方行政のトップがやってはいけませんよ。同じ考えや方向性を持っていたとしても、違法行為に組みするのは行政の長としてあってはいけません。

いったい何をやってるんだろう?って思いましたよ。選挙で基地反対が支持されたというのは、それはそれで仕方ない。それでいいでしょう。でも、これはアカンですよ。場所は考えないとダメです。

まあ、玉城デニーさんはそういうことは気にしてないんでしょう。人としてはいい人なのだと思います。だから行ったのでしょうけどね。

でも、政治家としては、ちょっと自覚が足りないですわ。まあ、安全保障の彼の考えのお花畑さを考えたら、行政手腕としてどうなのかなと思う面もありますけどね。

沖縄県庁の職員さん、しっかり仕事してくださいね。

最後に

百田尚樹さんが選挙の結果が出た瞬間に「沖縄、終わった」みたいなことをTwitterでツイートして、その発言を利用して沖縄に新聞が百田叩きしてますが、そんなのいちいち取り上げて無茶苦茶な新聞だなぁ。

ただ、これだけは言えるでしょう。

終わったとしても、また始めたらいい。若者の投票行動をみてると、沖縄の10年後20年後はしっかりとしたものになっていくのだろうと思っています。だから、終わっても日本の沖縄は諦めませんよ。