おせちの由来や意味を知ってる?日本人なら知っていて当たり前!?




おせち料理といえばお正月。

日本の新年はおせち料理で始まるといってもいいのではないでしょうか。各地方それぞれ特色があるようですが、おせち料理を正月にいただくということには変わりありません。

さて、このおせち料理。いったいどんな風習からきてるのでしょうか?おせちのそれぞれの料理も意味があることを知っている人は多いと思いますけど、具体的に細かいところまで知っていますか?

ここではおせち料理の由来や意味について説明したいと思います。

おせち料理とは?

おせち料理とは、「御節料理」と書きます。元々は、節会や節句に作られる料理のことを指していました。節日のうち最も重要なのが正月なので、正月料理を「おせち料理」というようになりました。

フォーマットは、江戸時代の武家の作法が中心となって形作られたといわれています。

おせち料理の基本は、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ 酢の物、焼き物となっていますが、地方により構成は異なっていて地域毎の風習の違いがあります。

干したものや、予め火を通したり、酢に漬けたて味を濃くするなどして日持ちする物が多いのもおせち料理の特徴です。これは神様と共食する雑煮をつくるほかは火を使う煮炊きをできるだけ避けるという風習から来ています。また、正月くらいは家事をやらなくて済むようにしようという解釈もあるようです。

おせちの由来

「おせち」は中国から伝わった五節供の行事に由来するとされています。奈良時代以前から朝廷内で天皇のもとに群臣を集めて行われた公式行事として節会(せちえ)が行われました。そこで供された食事のことを節供(せちく)と言います。これが「おせち」のことで、「御節供(おせちく、おせつく)」「節会(せちえ)」の略と言われています。

おせち料理の意味、いわれ

おせち料理は縁起の良い言葉や意味とつながっているものが多いですね。そのいわれについて主な料理についてまとめておきましょう。日本人として知っておきたいことですよね。

【黒豆】「まめに働く」という語呂合わせもよく知られています。健康と長寿を願うものでもあり、黒色は道教の邪除けの思想の影響があるようです。

【数の子】数の子はニシンの卵で数が多いのが特徴。ニシンを二親と捉えて、子孫繁栄につながるとしてめでたいとされています。

【田作り】「ごまめ」とも言われ、イワシの幼魚の佃煮です。カタクチイワシを田畑に肥料として撒いていたことから「田作り」と名付けられました。五穀豊穣を願った料理です。

【ごぼう】「たたきごぼう」「酢ごぼう」とも呼ばれている料理。ごぼうは地中に細く長くしっかりと深く根を張ることから縁起が良いとされています。たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩いて身を開くので、「運を開く」という意味を持ちます。

【紅白かまぼこ】かまぼこはその形から「日の出」を象徴しています。紅は魔除けを意味し、めでたさと慶びを、白は清浄を意味し、神聖を表しています。日本で紅白は色々なところで縁起がいいものとされていますね。

【伊達巻】昔から大事な文書や絵は巻物にしていたことから学問・教養を願う縁起物です。江戸時代に長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」がその始まりです。伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたことから伊達巻と呼ばれるようになりました。

【栗きんとん】搗ち栗は「勝ち栗」とも言われることから縁起がよいとされています。黄金色に輝く財宝にたとえて、金運も願っています。

【お多福豆】文字通り福が多いものを食べるという縁起物。空豆の一種で、おたふくの顔に形が似ていることから、お多福豆と呼ばれています。

【ブリ、鯛、海老の焼き物】ブリは出世魚であること、鯛はまさに「めでたい」、海老は脱皮して生命の更新や出世を意味し、長寿にあやかっています。

【紅白なます】生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、なますの名がつけられました。今は干柿や昆布、ゆずの千切りも用いらレ、祝い事に用いる紅白の水引にあやかっています

【昆布巻き】昆布は「喜ぶ」の語呂合わせ。正月の鏡飾りにも用いられている縁起の良いものです。巻物であることも学問を大切にする縁起ものです。

 

まとめ

おせち料理に込められた意味。駄洒落のような言葉あそびなところがありますけど、コトノハの国の日本ならではと言ったところ。最近は洋風のおせちの宅配などもあって、正月の楽しみ方も様変わりしているようですが、伝統的な縁起の良い意味をもつおせちも大切にしたいものですね。

とはいうものの、おせちよりもお年玉の方がいいですね。