結婚祝いのプレゼントを贈る時に気をつけたいマナーとは?




結婚披露宴に招待されているなら、お祝いは現金で贈る人がほとんどでしょう。その人との関係性や立場、年齢などにもよりますが、一般的には3万円程度が相場でしょうか。

ただ、現金だけでは面白みが無いと感じることもあるでしょう。ここでは結婚祝いのプレゼントを贈る時に気をつけたいポイントをまとめてみました。

ご祝儀と合わせての贈り物

とても親しい間柄の友人の結婚となれば、記念となるようなプレゼントも合わせて贈りたいという人もいるでしょう。現金よりも贈り物の方が喜ばれる場合もありますからね。

この場合は、プレゼントとご祝儀を合わせた金額が、ご祝儀金額の相場と同じくらいになるようにするのが良いでしょう。負担も増えませんし、相手も過度に気を遣わなくてすみます。

みんなでお金を出し合ってプレゼント

結婚式には、知人だからといって誰もが呼ばれる訳ではありません。職場の同僚や学生時代の知人などは、みんなでお金を出し合ってお祝いのプレゼントをするという場面も多いと思います。

この場合は、一人ではなかなか用意できない高額な贈り物を準備することができるというメリットがあります。相手を驚かせるようなプレゼントもいいですが、せっかくなら本人にある程度の予算を告げて、どんな品物がいいのか相談するのも良いでしょう。

気を遣わない間柄であれば、商品の型番など具体的なメーカー、商品名も聞き出してみるのも、お互いの満足のいく贈り物となります。

結婚祝いの品物を贈る時のタブー

お祝いの品物は、結婚式前に自宅へ届けるというのがマナーとされています。ただ、現在では、デパートなど商品を購入した店舗から発送してもらうことの方が多いでしょう。それでも構いません。品物には熨斗をかけ、結び切りの水引をかけます。メッセージを添えるのも良いでしょう。

結婚式当日に披露宴会場に持っていくのは困ります。出入りする人も多い時ですし、荷物も多いことがほとんどです。品物を管理したり保管したりするのにかなりの手間がかかりますから、かえって迷惑をかけることになるので、絶対にやめましょう。

贈り物として、絵画や置物を選ぶ人もいるかもしれません。これはかなりセンスを問われるもので、部屋のインテリアなどにマッチするかどうかの問題も出てきます。お互いに気心知れた信頼し合えるセンスを持っているなら別ですが、できれはこういった品物は避ける方が無難です。訪問した時、飾って無かったりすると、ちょっと気まずい雰囲気にもなりますしね。

また、気にする人も多いと思われるのが、「数」についてです。縁起の良い数字、悪い数字とされるものがあるので、贈り物のセット数などには気を配るべきですね。3、5、7などの奇数は「割れない」ということで、結婚には縁起が良いとされています。逆に偶数は「割れる」ので縁起が縁起が悪いとされていますが、8は末広がりの八ということで問題ありません。あと、4と9は「死」と「苦」を連想させるので不吉だとのいわれがあります。

タブーとされるものも考え方次第

結婚祝いに不適切とされる品物として、よく包丁や、ハサミ、ナイフなどの刃物があります。これは物を切るものですから、「縁を切る」ことに繋がるので縁起の悪いものとされてきました。

ただし、高級な包丁などは一生使えるものでもあります。これは贈られる側としても、重宝して嬉しいものであることも事実でしょう。ですから、相手の希望など納得の上では、贈り物としてプレゼントすることもあながち間違いというわけでもありません。

グラスや陶磁器なども同じような意味で避けるべきとされてきました。「割れる」ものは縁起が悪いですからね。ですが、最近ではペアのワイングラスやマグカップなどは贈り物として評判もいいですし、引出物としても利用されることが多くなりました。

このように、タブーとは言い切れないものもあるということにも気を配ってプレゼントを選びたいですね。

まとめ

結婚というお祝いの場に、縁起の悪いものを避けるという古くからのしきたりも確かに重要です。

ですが、贈る側、贈られる側の双方の気持ちを大切にして、しきたりにこだわりすぎないことも、祝いの場には必要なことなのかも知れませんね。