相続対策に生命保険を生かすとは?




生命保険の死亡保険金は被保険者が亡くなると支払われるわけですが、人が亡くなった時に合わせ問題になるのが相続です。

相続税が掛かってくるとなると、それを誰が負担するのかという相続人同士での対立が起こったりします。

やはり人間はお金の問題となると醜いところが出てきますね。

ですが、この相続の問題を生命保険を使ってうまく解決することもできます。

相続問題の一例

例えば、親が亡くなって資産を子ども二人で相続する場合を考えてみましょう。話をわかりやすくするために単純な形を考えます。

残された資産が現金1000万円と不動産3000万円であったとします。

通常の相続は法的には、子どもの二人だとそれぞれ2分の1を受け取ることになります。ですが、財産を分割することができないこともあります。この場合不動産ですね。

こういう状況が起こった場合、一人の子どもが現金1000万円を相続し、もう一人が不動産を相続するというような形ををとることを家庭内で決めたりしているものです。

ここで何も問題がなければいいのですが、お金の問題となると争いが起こってしまうのが人間の悲しいところです。現金1000万円を相続した側が、不公平だと言い始めて相続での争いに発展してしまうことがあります。その土地に住んでいるなら出て行くなりして現金化して分けるとなると大変です。

死亡保険金を利用して解決

この相続の争いを生命保険の死亡保険金を利用してうまく解決することができます。

この例の場合は、不動産を相続する側の子どもを、死亡保険金の受取人としておき、2000万円の保険を掛けておくのです。

この受け取った保険金の2000万円を現金を相続した子どもに渡すことによって不公平が解消されて争いがおさまります。これは代償交付金を使った相続の分割方法です。相続の分割になるように保険金の受取人を設定することがミソですね。

土地の相続は生命保険で備える

相続税はあまり関係ないという資産状況でも、残される資産が土地ばかりというのは容易に分割したり現金化することはむずかしいですよね。

ですから、生命保険を利用しておくと、相続が発生する時に相続人同士で争いが起こらなくてすむようにすることができます。

保険のうまい使い方は色々あるということですね。