持病ありでも加入できる引受基準緩和型保険で一安心?




病気を持っていたら保険に入るのは難しいと考えていますよね。

でも、持病ありでも入れる保険もあります。そういう謳い文句のCMの保険もありますね。

これは引受基準緩和型保険と言われています。普通の保険よりも加入条件が緩和されている保険ということになります。

引受基準緩和型保険とは?

引受基準緩和型保険とは加入条件が緩和された保険で、いくつかの条件項目を満たしていれば、持病があったとしても保険に加入することができるというものです。

例えば、次のような項目です。

  • 3ヶ月以内に医師の診察で入院や手術を勧められたことがある。
  • 過去2年以内に手術や入院をしたことがある。
  • 過去5年以内にガン、肝硬変、慢性肝炎の診断を受けたことがある。

こういった内容に該当しなければ、加入できる保険ということになります。

過去に大きな病気をした方や、年齢が進むに連れて健康に不安を感じている方にとっては安心できる保険であるとも言えます。

持病ありでも入れる保険と一般の保険との違い

確かに「持病あり」でも入れる保険は一見ありがたいものですが、それなりに一般の保険とは違うところもあります。

まず、保険料が高くなります。これは仕方ないことかもしれません。保険会社の側からすると、保険金を支払う可能性が一般の保険よりも高くなるのは当然ですからね。

また、保障にも一定の制限が設けられています。例えば、加入してから1年間は給付される保険金は半額で、2年目以降から満額になるといったものです。

一般の保険加入でも可能性もあり

持病があるともう引受基準緩和型保険に入るしかないのかというと、そういう訳でもありません。中高年になると生活習慣病になる人も多いですから、そういった人は引受基準緩和型保険に入るしかないのかと考えてしまいそうですが、通常の保険に加入できる場合もあります。

保険会社によっては、持っている病気の程度や治療期間、処方されている薬などを考慮して加入できる保険もありますし、特定の保障を除くという条件で加入できる保険もあります。保険料を割増しして加入するようなものもあります。

持病があっても完治してから5年経過していれば、通常の保険に加入できる場合もありますし、まず引受基準緩和型保険に加入しておいて、病気が完治してから一般の保険に加入し直すという考えもありますね。