交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1 を遅ればせながら見た。評判通りの…う〜む…




テレビアニメの実写映画は評判が良く無いのは良くある事ですが、アニメの劇場版もなかなかこれまでの世界観を壊してしまう困った作品になってしまうことがあります。

その1つに、『交響詩編エウレカセブン ハイエボリューション1』もなってしまったと言わないわけにはいきません。

以前、こんな記事も書いたんですよ。

交響詩篇エウレカセブンの劇場版が2017年の楽しみの一つです。

めちゃめちゃ大好きなアニメで期待していたんですよ。(劇場に行くのは面倒くさいのでわざわざ見には行かないのですけどねw)

公開されてからネットの評判を見ると悪いものばかりですよね。

私は好きなアニメはどんな形になってもいいと思いがちな人間なので、そんなに気にはしていませんでした。

そしてDVDもすでに発売されてますので、ちょっと期待して見始めたんですよ。

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1

テレビシリーズ以前の話が出てくるが…

最初、テレビシリーズよりも前の話、つまりサマー・オブ・ラブがどうして起こってレントンの父が消えたのか、その描写が始まります。

デューイ、ホランドがまだ敵対する前、そういう任務についてたのか!とちょっとワクワクしたのですが…

やっぱり新作となると、絵のタッチが大げさに感じるんですよね。まあ、そこは仕方ないかなと思うのですけど、テレビシリーズで感じたサマー・オブ・ラブとはちょっと印象が違いすぎると感じました。

もっとも、この劇場版はテレビシリーズのエッセンスを引き継ぎながら全て新作ストーリーと考えた方がいい作品なのでしょうけど。実際、ちょっと話を変えたりしてますしね。

まあ、ここはいいのです。

話が前後しすぎて頭が混乱

問題は、それから。

話はビームス夫妻とレントンとの関わりが中心となっていますが、なんども話が前へ後ろへと行ったりきたりするんです。

何時間前、何時間後、何日前、何日後って感じで何度も何度も転換します。

何度もエウレカセブンのテレビシリーズを見ている自分としては内容が追えないことはないのですが、これ、初めて見た人にとっては何が何やらって作品だったのではないでしょうかね。

とても慌ただしく感じました。

泣けるシーンがスポイルされてしまった

ビームス夫妻との関わりは、テレビシリーズでは泣けるところなんです。もちろん、劇場版もそこは押さえているのですけど、一気に転換してしまって感情移入ができなかったです。

ビームス夫妻との別れのシーンは泣けるところです。白鳥号から飛び降りるシーンは、その前の月光号から逃げ出すシーンと重なるのですが、そこで感じる悲しみがイマイチ伝わって来ないんですよね。

月光号から逃げ出すとき、テレビシリーズではエウレカと分かり合えなくて絶望的な気持ちから家出するような感覚。あのシーンは生きて行く中で家出したり逃げ出したい気分になったことのある人なら自分ととてもオーバーラップするシーンのはず。その気持ちがあってはじめて、ビームス夫妻との別れも生きてくると思うんです。それまでの経緯を追わないとちょっと泣けて来ないんですよね。

一連の好きな流れだっただけに、内容も不足し、場面が前後に転換することで、何とも残念なものと感じてしまいました。

評判が悪かったのもうなづけてしまいました。

そういえば、ニルヴァーシュの活躍もほとんど無かったなぁ。それも原因かな?

「つづく!!」は期待できる?

そんながっかりなストーリーでしたが、続編のトレーラームービーにはちょっと期待できましたね。

全く見たことも無い映像、見たことあるけども違うもので描写されているシーン、ちょっとワクワクしました。この続編のシーンを見て、全く違う作品と考えた方がいいんだなと少しは納得することにもなります。

まあ、1を見てしまったから、内容がどうあれ評判がどうあれ、2も見てしまうのですけどね。

ただ、今のところはテレビシリーズの方が断然いいです。最初は、「何だ?この空飛ぶスケボーのチンピラ集団は?」ってバカにして見ていたのですけど、こんなに何度も泣いた作品はありません。

エウレカセブンのテレビシリーズはおすすめです!

さて、劇場版の話は今後どう進んで行くのでしょうかね。

つづく!!

(2018年5月4日 追記)
ゴールデンウィークなので、ハイエボリューション1をもう一度見直してみようと思って見始めたのですが、やっぱり最初のサマー・オブ・ラブのところでテレビ版から想像してたものとのギャップの理解に頭を使ってしまい、ビームス家から飛び出したシーンが始まった途端に、「なんか見なくてもいいかな…」って気持ちになってやめてしまいました。

テレビ版と劇場版は重ね無い方がいいんだろうなぁ。なんでニルヴァーシュのコパイシートが縦にに並んでたんだ?って思ったりするし。その後に映ったシーンでは横のモジュールだったし。頭が混乱しちゃいますわ。

(追記)ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

2018年10月3日、YouTubeのバンダイチャンネルに『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の60秒予告編ムービーが公開されていました。

これはかなりテレビ版とは違った世界観になってる感じですね。

ここまで変えてくるなら、「1」で感じていた消化不良も納得がいくかもしれません。「1」で落胆していたのですが、これは期待しちゃおうかな、と思っています。

『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』は、2018年11月10日(土)全国ロードショーです。

つづく!

同じエウレカセブンのパラレルワールドでも、「ポケットが虹でいっぱい」の方は好きなんだけどなぁ。モキュ、モキュのニルヴァーシュもかわいいし。