クレジットカードに保険が付いてるから海外旅行も安心だってホント?




海外旅行に出かけた時、万が一海外で怪我や事故にあったらどうします?

どうする? という以前に、海外旅行中に怪我をすることはないだろうと思ってる人の方が多いのではないでしょうか。

それに、海外ではクレジットカードを使うことが多いですから、万が一の場合はカードに無料でついてる旅行保険を使えばいいと考えている人もいるでしょう。もちろん、十分に活用すべきですよね。数千万円の補償が付いているものもありますから、これなら安心です。

でも、その安心を得られる条件をしっかり理解していますか?

クレジットカード保険は自動付帯? 利用付帯?

クレジットカードに付いている保険の補償は、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。あなたの持っているクレジットカードはこのどちらの補償なのかを理解しておかないといけません。あなたのカードはどちらなのか知っていますか?

「自動付帯」とは、クレジットカードを持っているだけで自動的に補償されるものです。「利用付帯」とは、旅行代金など旅行で利用した金額をクレジットカードで決済すると補償されるものです。

この利用付帯のクレジットカードでは、カードで支払いをしないと補償されないわけですから気をつけないといけません。いくら高額な補償が付いていても、カード支払いでないと万が一の時でも役に立たないのです。出国前の利用を条件としている場合もありますので、しっかり確認しておく必要があります。

カードの保険の補償内容は狭い?

クレジットカードの保険は、数千万円の補償が付いているといっても、その内容に付いてよく確認しておく必要があります。

その高額な補償も、怪我や事故での傷害で亡くなった場合や、後遺症が残った場合の補償である場合が多いです。つまり病気を対象にしていないのです。もし海外で病気になって亡くなったとしても、保険金を受け取ることができないこともあるのです。

また補償内容が変動する場合もあります。カードの利用状況に応じて補償内容が減額されたりするものもありますし、補償額が改定される場合もあります。

あなたのクレジットカードの補償は、変動するのか固定なのかも確認しておく必要があります。

カードを複数持っていれば、補償も数倍?

クレジットカードを何枚も持っていれば、付いている保険の補償もそれぞれ受けれられると思っていませんか?

クレジットカードを何枚も持っていても、その補償が合算されるということはありません。一般的に死亡・後遺障害補償額は、持っているカードの中の最高補償額が限度とされています。したがって、それぞれの補償は受けられないのです。最低額ではなく、最高額ということが救いですが。

また、それぞれのクレジットカードの利用条件も絡んできますので、どれでも大丈夫という訳ではないところが注意すべきポイントでもあります。

その他、海外の病院では言葉の問題もあって通訳が必要になったしますし、入院日数が何日以上であることが条件になったりします。日本から家族を呼んで、日本に移送となると数百万円の経費になることもありますので、カードの補償でまかないきれないこともあります。

日本の病院・医療制度と違い、海外の病院は料金の先払いであることもあるので、何かと困難がつきまといますね。

加入している健康保険も念頭に!

当然、あなたは何かの公的健康保険に入ってますよね。こちらもしっかり制度を確認して起きましょう。

海外旅行中に病気などで支払った高額の治療費は、加入している健康保険の保険者に申請することによって、海外で支払った医療費の一部を払い戻してもらえる制度もあります。これを海外療養費支給制度といます。

こちらもしっかりチェックして万が一に備えた海外旅行を楽しんでください。