入学祝いの相場はいくら?知り合いの子どもの入学で悩まないために




春は入学式シーズン。ニュースなどで報道されると新年度・新生活の始まりとあって気分もワクワクしてきます。

ただ、ワクワクするだけでもありません。出費の増える時期でもあります。自分の出費なら仕方ないことですけど、仲の良い友だちの子どもが学校に入学するとなると、お祝い金を包む必要があったりして、いくら渡せばいいのか迷ったりするものです。

そこで入学祝いにいくら包むのがいいのか、小学校から中学、高校、大学でどうかも合わせて相場を調べてみました。

友人の子どもへの入学祝いの相場

そもそも入学祝いについては、友人に渡す必要があるかどうかとも思いますが、どうでしょうか?

親戚・兄弟の子どもならまだわかりますが、友人となると必ずしも入学祝いを渡す必要はないでしょう。親友と呼べるような本当に親密な関係の友人の場合であれば、お祝いを贈るのもアリだと思いますが、相手に気を遣わせてしまうこともありますし、自分が贈られる立場になったりすると、子どもの人数違いなどもあって色々と気を回すことにもなります。

ですから、入学祝いだからといって気を遣いすぎないのがベストでしょう。

でも、やはり仲の良い友達であれば、ささやかな贈り物などはしたいはずですよね。その感覚でお祝いを贈るとして、相場としてはいくらくらいの金額になるのか、目安を調べてみました。

小学校入学 3,000円〜5,000円程度
中学校入学 3,000円〜5,000円程度
高校入学 3,000円〜5,000円程度
大学入学 5,000円〜10,000円程度

マナー本やネットの情報をまとめると上記のような相場のようです。

これくらいの金額であれば、それほど気にはならないですかね。入学祝いなどは贈られた方からのお祝い返しをしないというのが通常なので、この程度の金額に落ち着いているのでしょう。

結婚式のお祝い金に比べたらちょっと一安心のレベルではないでしょうか。

どんなお祝いを贈っている?

親戚や兄弟・姉妹の子どもの入学祝いなら現金というのも考えられますが、友人の子供の場合は気を遣ってしまうということもあって、現金そのものというよりも他のものを贈ることが多いようです。

口コミなどを調べて見ると図書カードやギフト券などが多いようです。

小学校の入学祝いだと、ノートや鉛筆・消しゴムといった文房具やハンカチ・ハンドタオルといったものも多いですね。ランドセルや机などは祖父母などから贈られるでしょうから、友人からは使ってなくなるものですぐ補充できるようなものを贈っているようです。

中学生以上になると、すっかり成長してしまっているので子どもの好みを的確に捉えることは難しいですから、必要なものを揃えてもらうという意味でギフト券や図書カードという金券を贈るということが多くなるでしょう。

お祝いを贈るタイミングはいつ?

入学祝いを渡すのなら、遅くても入学式より前の渡すのが当然ですね。

入学式の2〜3週間前くらいが良いようですが、受験の絡む入学祝いであれば合格発表が済んで進学先が決まってからの方がベストですよね。

まだ発表がされてなかったり、不合格であった場合などではちょっと困ります。進路が決まったのを確認してから贈るのが良いでしょう。

こんなものも贈ってはどう?

中学や高校入学の祝いは、好みがわからないので何を贈るかむずかしい面があると触れましたが、あえてこんなものを贈ってみるのはどうでしょう?

学習まんが少年少女日本の歴史(23冊セット)

あの話題になった「ビリギャル」のモデルが愛用して慶應大学に合格したという大人気シリーズです。マンガですから堅苦しい勉強にならずに楽しめて読めますし、しかも試験に役立つ内容ですからね。私が欲しいくらいです。

大学生には万年筆なんかも渋くていいのではないかと思います。あまり使わないものですけど、一度使い始めると味わいを感じてくるのが万年筆です。