あるYouTuberの告白に、やはりNHKに受信料を払いたくないなと感じたこと

スポンサーリンク
記事上広告

最近、NHKを批判的に考える人が多くなりました。放送内容が適切なのかどうか、偏向していて日本の放送局では無いようだと言う声も多いです。確かにそういう番組も過去にあって、裁判になったりしていますし、受信料を払いたく無いという人もいて裁判なども起こっています。

うちは受信料を払っているのですが、最近ほとんどテレビを見なくても済んでいているので、テレビ捨てて解約してもいいかなと思ったりもしています。

やはり受信料を払う前提としては、きちんとした番組を放送しているかどうかに尽きますよね。

NHK側は使命感を持って放送をしているという主張もするのでしょうけども…

ただ、気になる話を目にしました。

とあるYouTuberが動画で指摘していたことなのですが、そこで語られていたのは不誠実な編集。

そのYouTuberは、ある内容についてNHKに取材されていろいろ語ったことがほとんどカットされて、要らんことは放送されてなんだかなぁと言う感じになってるようです。

それを語っている動画がこちらです。

このYouTuberさん、NHKのクローズアップ現代+に出演したらしい。最近、ネット上でのリンチが問題になったりしてますが、その一つがまとめサイト。先日も、どこかのサイトが裁判になっていましたね。この人もとあるまとめサイトを運営しているそうですが、そこで上がっている収益が月収700万と放送でバラされて、いろいろと誤解を生んでいるらしい。

一人で700万稼いでいる訳ではなく、12人でサイトを作っていてその管理人という立場。実際に税金などの費用などをのぞいて月30万ほどが実態だそうです。

これ自体も問題ではありますが、ネットリンチについてもこのYouTuberさんは無責任なまとめサイトも多くて責任が生じるような時に逃げているような人もいるし、まとめサイト側にも責任はあると取材で応えたらしく、またネットに書き込む際は感情的にならずに一度冷静になって落ち着く必要があるというような内容も言って、ネットの問題に運営側も利用する側も対処する必要性を説いたそうなのですが…

一切カット!

ここ、大切なところですよね。大事な内容が一切カットされる。ただ、まとめサイトでネットで騒動起こすようなサイトで稼いでいる人というような扱いにしかされていない。

これは放送として不誠実でしょう。番組に出ている人をいったいどんな扱いをしているのかと感じます。

こういうのって、テレビだけでなく新聞などのマスメディア全般に言えることですよね。朝日新聞の加計騒動の報道の総理の意向のメモなどはその典型でしょう。小川榮太郎さんも書籍で糾弾する訳ですよ。

マスコミは読解力って無いのかな? 小さい頃が国語の時間で「言いたいことは何なのか」を読み解く訓練をしてきた訳ですよ。大学受験も含めて。でも、その言いたいことを読み解くのを無視して、マスコミの意図したいことを切り取る。そんな言論の在り方って無いでしょう。

NHKって取材対象をいったい何と思ってるのだろう?

受信料を払いたく無い人が増えるのも、こういうところからジワジワ響いてくるはずですよ。

私も引っ越ししたらテレビ置かないことにしようっと。あ、レオパレスのアパートはやめとこかな。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.