DHCテレビ 、YouTubeのライブ配信が停止? で考えたことのリプへの反応で思う




最近、YouTubeでBANされるチャンネルが多いって話が色々ありました。山崎春のパンまつりに掛けてBANまつりとか、チャンネルの内容に嫌悪する側が集団で大量に通報しまくることでの結果生じることのようですが。

政治系のアカウントが多かったみたいですね。KAZUYAチャンネルなんかも影響を受け、まあ、また復活したみたいですけど。YouTubeのガイドラインはなかなか摩訶不思議なことがあります。どう考えても「え?どうして?」っていうパターンが明らかにあるので。KAZUYAくんのチャンネルの過去動画にも経緯があったと思います。参考までに。

以前、よく見ていた日本の歴史の講座の番組の動画が1つ規制で見れなくなってるチャンネルがあり、同じ動画がニコニコにも上がってたので見て内容を確認したのですが、贔屓目なしに何にも問題無い内容だったんですよね。他国や人種とか差別とか宗教とか全く絡んでいない分野だったので。チャンネル運営者も異議申し立てをしたのでしょう。あとで動画は復活してましたけどね。

かといって、自分がYouTube側だとしても、ダメな動画はここでこうだ!って線引きもなかなか難しいなとも思うので、なかなか厄介なテーマでもあります。

DHCテレビがYouTubeのガイドライン違反? 

さて、今回、虎ノ門ニュースを配信しているDHCテレビもガイドライン違反の通知が来たとのことです。ツイッターに流れて来ました。

これもBANまつりの流れ? 言論弾圧?と思う人も多くてツイッター上で結構話題になっています。

私も「チャンネルの嫌いな人が通報でもしているのかな?」と思いました。

いろんなところからの言論弾圧?

この日の虎ノ門ニュースではウイグル問題をかなり突っ込んで話ていたので、中国共産党系からの言論圧力というような見方をする人もいます。

あと、違反の対象となったとされるものが須田慎一郎さんの放送日だったので、ひょっとしたら最近話題の関西生コン系の政治的な動きの何かなのかを疑う人もいたりしました。先日のニュース女子で須田さんが結構突っ込んだ話もしたばかりですからね。

明日以降の虎ノ門ニュースの出演者も、何がしかの反応をしていて、いわゆる通報系の集団的圧力といった流れでの言論弾圧と頭のなかが凝り固まって来てるような印象もに思えました。

スパムと欺瞞的行為?

そこで、DHCテレビのリリースに一度目を通します。そこにはこう書かれています。(太字は私が入れました)

2018年9月19日、YouTubeはDHCテレビが10月5日に放送を予定していた「真相深入り!虎ノ門ニュース」金曜日について、「ガイドラインに違反している」として、ライブ配信予定のページ削除を行いました。
これに伴い、YouTubeから科せられたペナルティとして、9月19日配信分の当社番組「DHCキレイを磨く!エクストリームビューティ」のライブ配信が停止されました。
また10月5日を除く、虎ノ門ニュース及び当社制作番組のライブ配信については、問題なく配信できるかどうかは今のところ不明です。
なお、まだ配信されていない番組を削除した経緯や理由について、YouTubeは「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」と通告するのみで、具体的な内容についての言及はありません。

引用元:DHCテレビYouTubeチャンネルについてのお知らせ

DHCテレビのツイートでも成されていることですが、対象となっている動画が10月5日の放送予定のものなんですよね。生放送なので、リマインダーとして見てる側には表示されているものです。ですから、まだ放送もされていないし収録のデータも無いので放送内容自体は評価のしようがありません。リリースを読むとガイドライン違反は「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」とされています。

そうなると放送内容の評価以外でスパム的な要素で考えられるところは何だろうと思ってたわけです。

頭を冷やして、通報以外の可能性を考えたい

そこにこんなツイートが流れて来ました。

 

今回の件に、経済評論家の上念司さんが、ちょっと煽り気味なツイートをしてるところに、ジャーナリストの有本香さんが少しその方向性はもうちょっと冷静になった方がいいというような形で集団通報の可能性の方に重きを置いたようなツイートを返していました。

私もやっぱり冷静になった方がいいと思い、通報以外の可能性を頭を冷やす意味も兼ねて考えてみました。チャンネルBANなどに対しては、最近、特に過敏になってる面があると思います。KAZUYAチャンネルなどの件もありましたし、マスコミはまともな報道をしなかったりするので言論の自由を守ろうという大切な動きに熱が入ってる人も多いです。もちろんそれはとても重要。

ただ、ひょっとしたら全く無関係なことで言論の自由だ!と踊っていたとしたら、これはこれで言論の自由を大切する側としては、ちょっと恥ずかしいところに落ちてしまうのでは無いかとも思えてしまうのです。陰謀論で片付けてしまうなんてちょっとダメですよね。陰謀がもちろん有ればとことん追求すればいいと思いますけど。

言論の冷静さを求めてリプライ

そこで私なりに通報以外の可能性を考えて、もうちょと冷静になってもいいのでは無いかと思って有本さんのツイートにこうリプライしました。

もちろんこの私のリプの内容が正解であるとは限らないのは確かです。だから「可能性もあるのかも」と書いてる訳です。でも、配信もしていない生配信予約に通報で停止っていうのもどうも腑に落ちない。配信していない動画に対して通報する可能性を考えたら、普通は配信している動画に対して通報するっていうのが妥当でしょう。それなのに生配信予約がスパムで違反の対象って変だと思ったのです。

スパム理由の仮説として生配信の予約数を疑う

そこで、DHCテレビの生配信予約を見てみると、結構な数が設定されているんですよね。違反の対象になっているものが10月5日のものですから、対象になるのが今からはちょっと日付的に遠すぎないかと思ったのです。YouTubeを見てる側にはなかなか現れない日付の位置でもあると思うし、なかなか目に触れにくいと思ったりもするんです。だからそれに対して通報って考えるのはちょっと可能性が低いような気がしました。

そこで疑ったのが、この生配信の予約数です。上限数とか制限があるのかどうかは全く不明。そこはYouTubeが知るのみ。でも、DHCテレビは結構な数を予約生配信状態にしているように見えたんですよね。数え間違いがなければ「リマインダーを設定」と表示されているものは多分17くらいこの投稿時点であったと思います。他のYouTuberが生配信の予約ををどうしてるかわかりませんが、ここまで予約してる人っているのかな?

これをもし、短時間のうちに設定したとしたなら、YouTubeのシステム側で何かフラグが立つようなことがあるかもしれないと思ったのです。定期的に毎日少しづつなら違ったりするのかもしれませんが、短時間に一気の登録だと違う動きをするような気がしませんか。ヒカキンなどのYouTuberが動画を複数アップロードするにはそれなりに時間がかかりますが、こういう生配信の予約設定を複数行うにはおそらく短時間でできますよね。このあたり、ちょっと気になったんですよ。

普通のサイトで連続ログインや掲示板の連続投稿などは規制するような仕組みって普通にありますが、そんな感じの動きがあるんじゃないかなと思ったんです。YouTubeは機械学習とか使っていろんな設定をしていると思うので。

そんなことを考えて、有本さんのツイートにリプライさせてもらったわけです。通報祭りだ陰謀だ言論弾圧だと騒ぐのはワンパターンすぎてネトウヨ的な過剰な盛り上がりに見えるとも思ったので。もし違ったらそれこそ言論的にもダメージあるでしょ。それにもっとドシッと構えて事態を見つめるって必要でしょ。(何やそりゃ?)

有本さんは読んで意図を理解してくださったようで、私のリプをリツイート。案外読んでるんですね。でもこのリツイート、特に必要なかったなぁ(笑) とか思っちゃいました。

リプライ、それはいつもなんか違う

それなりにフォロワーを抱えている人とやり取りがあると、飛んでくるんですよ、「そこじゃなーい」って感じるリプが。まあ、今回はほとんどが好意的なリツイートばかりで炎上した訳でも何でも無いんですけどね。前にもツイッターの面倒くささを述べたことがありましたが、やっぱり来ました。ふぅ。(ため息)

ああん、もう意図が通じてない〜。すでに配信された動画の数じゃなくてこっちが言ってるのはこれから生配信する予約数。そもそもヒカキンたちは生配信を予約設定でそんなにやってる?ってことでとりあえずこう返しておきました。

私もYouTubeに趣味的な動画を少し上げた経験はあります。上の返信ツイートでサムネイルの件に触れましたが、生配信の予約に関して何かその動画自体で問題があるとすれば、動画そのものは無いのですから可能性としてサムネイル画像と説明文です。サムネイルの出演者が同じ画像でコピーコンテンツって誤解される可能性は無いとは言えませんからね。

で、動画に関してなのですけど、一度私の趣味でアップロードした動画も警告は出たことがあるのです。と言ってもメールなどでの通知であったかどうかは忘れました。YouTubeの動画管理画面で表示があったのものだったと思いますが、同じようなアングルで撮影している別の動画を2つ上げていて、たまたま編集した動画の長さが全く同じだったんです。これ、警告表示か何かが出たんですよね。確か著作権だったかコピーコンテンツだったか忘れましたがそんな感じで。全く別ものなのですけどね。しかも私が撮影した動画なので著作権で言われる筋合いは無いのですけども。片方を削除して編集し直した(長さを調整した)ら問題ありませんでした。

こういうことがあったので、外部からの通報以外の可能性も、何も問題がない動画内容や操作であっても案外簡単にガイドライン違反って思わぬところで起こるんじゃないかと思ったんです。それに配信数が少なくても重複コンテンツなら、なにがしかの判定がなされる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

リプの返信は怠いので、もうこちらに感想をまとめる

で、また違うリプもくるんですよね。

登録者数の話はそもそも関係無いポイントで話してるんだけどなぁ。たとえ登録者がゼロでも動画がバズったならば楽に100万再生なんて行っちゃうこともある訳ですし、その動画に問題があるなら何かの凍結などの動きはあるでしょう。それに数としての迷惑行為を考えるならば、100万だろうが30万だろうが数千だろうがスパムと判断するのがネット社会じゃないですかね。それに今回はYouTube側が「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」と言ってる訳ですので。スパム扱いは考えにくいって言われても「わしゃ知らんがなぁ〜、本家のYouTubeがスパムって言ってるんやで〜」って思うしかないわけです。(脱力)

もう面倒臭いので返信するのはやめて、こっちのブログの話題に使わせてもらいますw

で、こんなのも来ました。

ああん、キャパの話なんて全くしてないんですけど〜。どこにキャパ書いてる? そもそも数十万とか言う数字には全く触れてないんですけどね。さっきのリプの内容に釣られてるのかな。意図としては上でも述べましたが、連続投稿的な行為についての考えなのですけど〜。スパムってキャパの問題? もちろんそういうアルゴリズムを組むこともあるでしょうけど、そんな単純じゃないですよね、今のシステムって。文章の内容とか、投稿者のIPアドレスとか投稿頻度とか色々ありますよね。

そして、こういうのもいただきました。

ああん、そこはわかってるよ〜。だから有本さんは通報の話題をツイートしてた訳で、私はそれに対して「通報とは違う視点から」の可能性を意図してリプしたわけですし。こういうのってトートロジーって言うの?(違) 「語りえぬものについては、沈黙せねばならない」(ウィトゲンシュタイン)ああ、関係無いな。ちょっと最近読んでるのでかっこつけて使ってみました。

で、これ。

はいはい。わざわざリプご苦労さん。

いつも思う、ネットでの読解力の重要性

さて、今回の私のツイッターは炎上でも何でもないのですけど、いつも思うのがツイートのやり取りでの理解してる対象のズレ。読解力。前もあったんですよ、とある日付に起こった話題に対してツイートしてたらアホボケカスと全く知らない人から検索して引っ掛けて来たのか暴言リプしてくるので、カチンと来て応戦したらどうも話が全く噛み合わず、じっくりとやり取りを解きほぐしてみたら向こうは全く違う日付の出来事の内容で私にリプして来てたんです。失礼極まりない。

なんかね、元々はそんな話をしてないんじゃない?ってことで炎上って多いと思うんです。どっかでズレてたり。もちろん意図的にズラしてる卑怯者もいますけど。

コンテクストとか読解力とか、ここでやってる主要なテーマは何?意図は何?中心は何?って。ツイッターは文字数が限られているので、本当に注意して読まないといけないことってあるなと感じます。

文字数が少ないがゆえに、助詞の使い方などで主張のニュアンスを変える人だっているだろうし、前後のツイートと関係していたり、全く単発で単なる思いつきを乱筆していたり、過去のツイートと関連するけども全くそれには触れていないものだってありますからね。私も脈絡なしに、関連のツイートや記事なども掲げずに「アカンな」とかやることもありますしね。側から見たら「ど、どう言うこと?」って流れのタイムラインだと思います。ただ、幸いフォロワーが少ないですから何も起こりませんけど。

冷静に物事を見ることのできる言論人

で、今回の件、有本さんはその後こういうツイートしています。

冷静に対応してますよね。

有本さんのこういうところ、本当に関心するんですよ。舌鋒鋭く言いたい放題な論者は多くいます。もちろん有本さんも結構どぎつい?発言もあると思うのですが、結構冷静に物事を見よう、資料や取材などで根拠を固めてから結論を出そうという意識がとても高い人だと感じていて、ラジオ放送や、虎ノ門ニュースの中でも有本さんの放送が一番満足度が高いです。他の曜日はちょっと熱が入りすぎてる感じがすることありますからね。番組司会の居島一平さんが「言論のサファリパーク」と呼称する曜日もあったりしますから。だから時々、「この話は、2割引で理解した方がいいかな」とか思うことがあるのですが、有本さんの放送にはそういうことがほとんどありません。

本当にもっと活躍して欲しいジャーナリストだなと思える人の一人です。意見の違いの有る無し関係なく、おすすめのジャーナリストです。

最後に

さて、今回削除された放送予定の回。出演者は須田慎一郎さんと武田邦彦さんでしょ。虎ノ門ニュースの他の曜日に比べると、通報の可能性は低い方だと思うんですよね。火曜日の百田さんの方が、これまで一橋大学での講演の妨害などがあったりした話などと絡めたら断然高いと思うんです。だから、通報が理由というよりも、YouTubeのシステム的なイレギュラーも十分可能性があると考えたのです。もし筋違いのことで勝手に盛り上がっただけってことになったら、「これだからネトウヨって奴は!」って感じで左下側のくだらん言論人やネット民から批判のネタにされるのも癪に障るでしょ。

日本を愛する人たち、もっと冷静にやって行こう!(自戒を込めて)

にしても、YouTubeってわからないな。まあ、こちらは無料サービスで使っているわけですから、運用をどうやろうとYouTubeの勝手でもある。プラットフォーム運営の強さを感じますなぁ。ただ、もうちょっとガイドライン違反の理由の範疇を細かくして機械的な通知でもわかりやすく対応のしやすいものにして欲しいとは思いますね。