死亡保険とは?いろいろあって迷わないために内容を整理しよう!




保険は何のために入るかというと万が一のためということですが、生活の上で最大の保障を用意するものが死亡保険ですね。死亡保険とは、命を落とすという万が一のために保険金が支払われるタイプの保険です。

死亡保険はたくさんのタイプの保険商品がラインナップされていますが、大きく3つのタイプに分けることができます。終身保険、定期保険、収入保障保険の3つです。

死亡保険は3タイプ

死亡保険に加入するなら、この3つのどのタイプなのかをチェックすることから始めましょう。

終身保険

終身保険は一生涯に渡って保障を受けることができる保険です。

保険料は掛け捨てではなく、解約時に解約返戻金があります。保険料は高めになりますが、保険料を支払えば必ず保険金を受け取ることができますので、死後整理資金にも使うことができます。

定期保険

定期保険は保険期間が決まった保険で、ほぼ保険料は掛け捨てになります。

仕組みはシンプルな保険で、終身保険と比べると保険料は安くなります。一定の年齢まで保険を更新できるタイプのものが多いです。

収入保障保険

収入保障保険は、保険期間が決まった掛け捨て保険です。

定期保険と似ていますが、死亡時に受け取れる保険金額が満期に向けて徐々に減額していくのが特徴です。子どもが成長していくと、生活に必要な資金は減って行きますので、それに合わせて保障額が減ることで保険料を安くすることができます。

保険料で選ぶのであれば、このタイプですね。保険金は満期まで決まった金額が月次、または年次毎に支払われる形式で、最近は広く普及しているようです。

死亡保険は3タイプ以外にもある?

以上の3タイプが死亡保険ですが、すでに加入している旧タイプの保険はこれらに含まれないものもあります。

定期付終身保険、養老保険、変額終身保険、積立利率変動型保険がそうです。

これらはまた仕組みが違うので、保険を見直すなどする時は注意が必要ですから、内容を確認しておくべきですね。