七五三はいつ?男の子、女の子は何歳?その由来を見てみよう!




11月15日は七五三の日としてその周辺の土日祝日がお祝いやお参りで賑やかになります。

「七五三」といえば、女の子が3歳と7歳の時、男の子が5歳の時に神社に参拝して、子供の健やかな成長を祝い、祈願する行事となっています。

ではこの七五三が現在の形になったのはいつごろのことなのでしょう?その由来を見ていきましょう。

七五三はそれぞれ別の行事だった?

七五三はもともと3つの別々の行事でした。3歳の男女を祝う「髪置(かみおき)」、5歳の男の子を祝う「袴着(はかまぎ)」、7歳の女の子を祝う「帯解(おびとき)」という、それぞれが独立していました。どれも、貴族や武家などの上流階級で行われていた祝いの儀式です。

髪置は、3歳になった男女が、それまで剃り上げていた髪を伸ばし始める儀式です。白髪が生えるまで長生きできるようにと意味を込めて、白髪に見立てた綿帽子を被せます。

袴着は、5歳になった男の子が初めて袴をはく儀式です。左足から袴をはいて、碁盤の上に立って元気よく飛び降りるというのが習わしとなっています。

帯解は、7歳になった女の子が幼児が着るひも付きの着物を卒業して、大人と同じように帯を締めて着物を着る儀式です。「帯結び」「帯直し」とも言われています。

昔は乳幼児の時期に亡くなってしまう子供も多かったので、子供が無事成長したことを喜び、親が3歳、5歳、7歳という節目節目で祝っていました。

3つの儀式は、それぞれの家が正月や誕生日などの縁起のいい日や吉日を自由に選んで行っていました。江戸時代後期にナルト、一つの行事として11月15日に催されるようになります。「祝児詣(いわいごもうで)」といって、3歳・5歳・7歳の子供が一緒に神社にお参りするという形になりました。明治時代以降、現在のように七五三と呼ばれる行事になります。

11月15日の由来は徳川綱吉

七五三が11月15日に定められたのは、江戸時代後期、五代将軍・徳川綱吉の時代です。陰陽道が定めた最大の吉日のひとつであるのがこの日であり、病弱だった長男の徳松の無事な成長を祝い、健康を祈願したことに由来しています。

それ以降、世間一般の人々も綱吉に習って11月15日を子供の成長を祝う日として広まり、明治時代を経て現在の七五三詣になります。

千歳飴は七五三の縁起物ではなかった?

七五三といえば千歳飴がつきものです。紅白の細長い飴が「千歳飴(ちとせあめ)」ですね。

これは江戸時代初期、二代将軍・徳川秀忠の時代に、浅草の餅売り商だった七兵衛という男が、「千年飴」という名前で売り歩いたのが始まりと言われています。当時は七五三の縁起物ではありませんでした。お祝いのお返しなどに利用されていたそうです。

そのうち千年飴は千歳飴と呼ばれるようになり、千年まで健康で長生きしますようにとの願いが込められたその名前と、長寿を意味する細長い棒状の形と、紅白という縁起の良い色にあやかって、神社がお参りにきた子供たちに配るようになりました。それ以降、千歳飴は七五三のお宮参りの縁起物のお土産として広まったようです。

千歳飴は鶴や亀などの縁起のいい絵柄のついて長い化粧袋に、年齢の数だけ入れるといいとされています。子供だけでなく、大人も含めてみんなで食べて成長と長寿を願うのが習わしとされています。

最後に

現在の七五三といえば、こういった習わしだけでなく、写真撮影が目立つのではないでしょうか。単にお宮で写真を撮るだけでなく、ちょっとした写真館で撮影する人も多いでしょう。専門のスタジオや衣装、小道具なども整えた本格的な記念撮影をするところもありますね。ただ、最近は子供の数が減っているので、そうったスタジオも色々と工夫しているようです。

個人的には、七五三の記憶って無いんですよね。写真はあるのですけども。