小池百合子都知事の実績とYouTuberコレコレチャンネルの苦悩

スポンサーリンク
記事上広告
都庁

何かと話題の東京都知事。ようやく小池百合子の東京大改革が始まった!

東京都議会で5日、小池百合子知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」と公明党が共同提出した「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が賛成多数で可決、成立した。家庭内での受動喫煙防止が柱で、施行は来年4月。国に先行して受動喫煙対策に取り組むことで、改革姿勢を示す狙いもありそうだ。

引用元:日本経済新聞 都の受動喫煙防止条例が成立 18年4月、国に先行

これ、大改革なの?

もちろん受動喫煙対策は大切だと思いますけども。(私はあまり気にしません。臭いのは嫌ですけどもね)

東京都知事選挙の時に掲げられていた「東京大改革宣言」は7つのゼロを目指すというものでした。

その7つとはこれ。

  • 待機児童ゼロ
  • 残業ゼロ
  • 満員電車ゼロ
  • ペット殺処分ゼロ
  • 介護力ゼロ
  • 都道電柱ゼロ
  • 多摩格差ゼロ

さて、改革の実行は進んでいますかね? 私は東京都民ではないのでわかりませんけども、全部全く進んでないのではないでしょうか? ついでに豊洲市場も安全なのに止まったまま。そして経費としての税金垂れ流し。

「よくできました!」って評価できる小池知事の実績って何かないか探してみました。ひょっとしたら、この2016年の記事が当てはまるのではないでしょうか?

東京都の小池百合子知事が29日、東京・池袋で開かれたハロウィーンイベントに登場し「リボンの騎士」の主人公サファイアのコスプレ姿を披露した。大きな帽子に赤いマント、手には剣を持って笑顔で手を振ると、会場からは「かわいい」と歓声があがった。

引用元:産経ニュース 小池知事、リボンの騎士に ハロウィーンでコスプレ

記事内の画像もぜひご覧ください。

さて、今回成立した「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」ですが、家庭内での受動喫煙防止が柱だそうですが、家庭内のことくらい啓蒙活動でなんとかしろとも思うのですけどね。

それよりも、禁煙場所でのタバコの喫煙とポイ捨てという誰の目にも見えるところの対策も必要なのではないですかね。

YouTuberのコレコレチャンネルが、しょっちゅう渋谷駅のハチ公前でタバコのポイ捨てを注意してゴミを拾ってますよ。

コレコレさん、毎度お疲れさまです。それにしても、ヒカルくんがYouTube活動を休止してから、あまりYouTuberの動画を見なくなったなぁ。あそこから色々見に行くってリズムだったのですけども。

さて、東京大改革は都民の目にはどう映ってるのでしょう?

ひょっとしたら、東京は大いなる田舎のお調子者の集まりなのかもって思います。田舎者の集まりとは以前からも言われてますけどね。ここでは「お調子者」としました。田舎には選挙にナルト、「政権とるわけないから共◯党に投票したぞ!」みたいな人いるでしょ? そういう人が東京に集まってるのかも。そういうお調子者による投票の結果が小池劇場なのかもしれませんよ。希望の党、東京都民はどうするの?

では、今日はこの変で。ありがとうございました。

キラキラと光る空♪ 願いさえも叶いそう♪

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です