嫌われ者YouTuber?シバターの「これはいいな!」と思った動画

スポンサーリンク
記事上広告

YouTuberという存在は知っていましたが、ほとんどそういう存在の作る動画は見たことはありませんでした。Hikakinとか有名なのはもちろん知ってますが、あまり面白いと思ったこともなかったので特にYouTuberに注目することもありませんでした。

祭りくじ動画が視聴のきっかけ

ですが、春頃ネットニュースでも大変話題になったヒカル(Hikaru)くんの「祭りくじ」の動画を見たあたりから、YouTuberと言われる人の動画をあちこち見てみるようになりました。

ラファエル、禁断ボーイズ、水溜りボンド、すしらーめん《りく》、ぷろたん、てんちむ、丸の内OLレイナ、ふくれな、ジョーブログ、気まぐれクック、コレコレチャンネル、東海オンエア、カズチャンネルetc

そしてシバター。(Hikakinはやっぱり見ないな)

ど〜も〜!シバターで〜す!

で濃い顔のアップから始まることの多いシバターさんの動画。第一印象は「キモイw ウザそう」といものでした。

炎上系のネタが多い感じで好き嫌いが別れるようですが、彼の言ってることは彼なりの正論を一人語りで述べてるって感じて、同意できない話もあるにはありますが見てるうちにそんなにキモイなんて思わなくなりました。逆にあのオープニングが無いと物足りないとも思えてくるようになりましたね。

炎上系のトーク以上に魅力に感じたシバターの動画

一人語りの多いシバターさんの動画ですが、一つだけ「この動画はとてもいいな」というコンセプトの動画がありました。

それは食事の動画です。

たまにシバターさんは外食の動画をアップロードしています。

YouTubeには食レポ系の動画はたくさんありますし、テレビでもそんな番組はよくやりますよね。

そう言った番組はいかにその料理が美味しいかとか、盛り付けがすごいとか、そう言った点をしっかりレポートしようと上手い言葉を重ねたり、表情を作ったりして見ている人に料理の雰囲気を伝えようとしているわけです。

でも、シバターさんの動画はちょっと違います。

いいな!と思った動画はこちらです。

なんてことは無い動画ですよね。

注文して出てきた料理を黙々と食べている動画です。

でも、これがとても好感が持てたのですよね。

何がよかったのかと言うと、この黙って黙々と食べて、飲み物を飲んで、ああ、食った食ったと言う雰囲気です。

普段、私たちが一人で外食するのってこうですよ。

黙々と黙って食べる。ちょっと頷きながら味を楽しむ。

なんだか自分も一緒に食べているような雰囲気を感じられるのですよね。

食レポ番組のようにオーバーなアクションも彦摩呂のような魔術的な言葉もいらない。

ただワンショットのカメラで撮影して、出てくる料理を黙々と食べる。

この動画は焼肉ですが、聞こえてくるのは肉がジュージューと焼ける音と店の中で流れるテレビの音。映っているのはシバターさんが黙って食べている姿のみ。

美味しく食べるって姿はまさにこれだなと思って、ちょっとした感動も覚えました。

もっとこういう動画をアップロードして欲しいなとマジで思いましたね。

食レポ動画と言えば、ヒカル(Hikaru)くんの高い料理頼んでみた系の動画もまた好きですけどね。

YouTuberは元気があるね

YouTuberは、私が考えていたよりも面白いものが多いと最近思うようになりました。小学生が将来なりたい職業に挙げるのもわかるような気がしています。もちろん、動画配信者でトップになれるのは一部だと思います。でも、思ってた以上にいろんな人がいるんだなと思いましたね。

カブキンは…イマイチでござるな…

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です