謝罪だらけのYouTuberだが、テレビや新聞の態度に比べたらかなり誠実でしょ

スポンサーリンク
記事上広告

YouTuberのヒカルくんもラファエルも戻ってきた。禁断ボーイズは復帰報告の動画をアップしてから動きがありませんが、個人的に見て回る動画が増えて来そうな動きになってるので楽しみが増えます。やっぱヒカルくんと店長の喋りはなんかいいね。

ラファエルのクッキングチャンネルはなかなか好きですわ。

彼らの動画を見てから、他のYouTuberの動画、例えば水溜りボンドであるとかカズチャンネルとか気まぐれクック、シバターなどなど見て回る(ちなみにヒカキンは面白くないので見ないです)という流れでしたので、彼らの休止期間中はYouTuberの動画をあちこち見なくなってしまっていました。やっぱ彼らの存在って活気をもたらすものだと思いますよ。

さて、彼らは騒動があって謝罪動画を公開してから休止に入ったわけですが、これまで他にも謝罪動画をあげていたYouTuberはいましたね。はじめしゃちょーでしたか。他にもいたかな?騒動でチャンネルを削除して引退とかいうものあったでしょうし、警察のお世話になるようなものもありましたね。まあ、そういうのはいわゆるYouTuberとは違うのでしょうけども。

で、今度はチョコレートスモーカーズが謝罪動画をあげています。まあ、内容はここでは追いかけませんので、他を当たってください。と言うか、私も細かいこと知りませんので。

もちろんこれらの謝罪動画は不十分だという話とか、休止の期間がどうだとか、いろいろけちを付ける声もあります。ただ、その行動自体は認めるべきだと思うんですよね。まだ若いですから、不十分なところもあったりするのでしょうけど、とりあえずは頭を下げないといけないと言うことを認識してる行為でしょうから、見てる側も素直に受け止めてあげることも必要でしょう。

何か問題があって謝罪するってことはいいことですよ。

そういう意味で、YouTuber界ってまともな面があるメディアだと思いますよ。もちろん色々問題はあるでしょうけど、炎上それぞれになんらかのこういった謝罪とか、人によってはペナルティとかあったりしてるわけです。

さて、一方のマスメディアはどうか? 

モリカケ騒動で報道犯罪とまで言われている新聞もあります。犯罪をいつも追求しているのに写真が犯した犯罪は名前を伏せたり、軽く報道するだけで逃げるテレビ局もあります。誤報を流し続けてそれを指摘されていながら、全く反省もせずに新たな捏造報道を流すメディア、ジャーナリストがいます。

先日、足立議員が乱暴な発言をしましたが、その乱暴さだけにフォーカスしてことの問題の本質に触れないマスコミ。

よくネットメディアが批判されますが、あちこちから修正されたり炎上したり多くの情報に触れることで自然とある程度落ち着いた情報に修正されていくようなところがあります。それにYouTuberのように顔を出して直接謝罪することもあります。個人で訴訟に対応してるようなものもあるようですし。

テレビや新聞の態度って、甘ったれてると思うのですけどね。

古い体質のジャーナリズムはすでにゴミと化してますよ。

新しい時代を創るのは老人ではない!(クワトロ・バジーナ)

以上、YouTuberは謝罪するが、マスメディアは誤魔化すと感じたので書いてみました。

ということで、シバターの炎上軍。ヒカル、ラファエルが復活したということで早くやって欲しいですわ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です