ベッキー番組降板?開き直ったとされる流出したLINEの内容を誰も批判できないのでは?

スポンサーリンク
記事上広告
LINEのやり取り

ベッキーとゲスの極み乙女の不倫交際についての週刊文春報道で、流出したLINEの内容が開き直っているようで反省していないという批判的な声がありますね。センテンススプリングなどのやりとりです。

確かに開き直りにも感じますが、この状況を誰も批判できないとも思うのですが、いかがでしょうか。

ベッキーの番組降板がいろいろ噂されています。

番組休演の話も実際に出てきました。

ベッキーがレギュラー進行を務めているフジ系「にじいろジーン」(土曜午前8時30分)について、今月30日放送分から「当面の間」休演することになり、29日午前、制作のカンテレ(関西テレビ=大阪市北区)が発表した。

引用元:日刊スポーツ ベッキー「にじいろジーン」当面休演 カンテレ発表

テレビなどで伝えるところによれば、あのLINEの内容が流出したことに精神的に参っているというものもありました。

さて、この流出したLINEの内容に、ベッキーの謝罪会見は表向きだけで実際は反省などしておらず開き直ってるという批判的な指摘について、この批判は人間にとってあまり当てはまらないのではないかと感じています。

というのも、自分がピンチに陥った時のことを考えてみて欲しいのです。絶体絶命とも言えるような失敗を犯して周りから大きな反省を求められるような状況に追い込まれた時、人はどんな精神状態になるでしょうか?

もちろん、反省はするでしょう。

ですが、大きな失敗となると精神的にかなりキツい状況に置かれるはずです。そこでどうやって元気を出すか、気持ちが折れないように耐えて生活するのか?

そんな時、仲間内ではどんな話をします?

おそらく、開き直り的な発言をしてしまうことはないでしょうか?そうやって気持ちを折れないようにしたり、大げさに振る舞ったり、強がって見せて精神的な落ち着きを取り戻そうとするのではないでしょうか。もちろん反省の気持ちが無いというわけでは無いのです。

ですから、あのLINEの開き直りとも取れる内容は、こういう状況であるということも考慮しなくてはいけないのではないかとも思うのです。開き直るのは悪いというような批判は、申し少し距離を置いた方がいいと思うのです。

信頼している人には強がって見せたりするものでしょう。

もちろん、ベッキーのセンテンススプリングなどがどういう意図でのやり取りなのかはわかりませんし、不倫騒動自体を擁護してるわけではないですけどね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です