『舛添、都知事やめるってよ』- 戦力の逐次投入の結末

スポンサーリンク
記事上広告
都庁

舛添要一都知事が辞職の意志を固めたようですね。

こんな状態になってはオリンピックへの影響がとか言って続投するわけにはいかないでしょう。

あ、記事タイトルはこちらからパクりました(笑)

今回の騒動、何よりも舛添氏のこれまでの発言(言い訳)が最初からダメだった。

事の発端は外遊時のファーストクラス利用やホテルのスイートルーム宿泊だったでしょうか。単に条例で規定されているものを、「認識が甘かった。指摘は十分に検討に値する」と言って謝罪でもすればよかったのに、移動時の体調を整えるため?であるとか、急な要人訪問に会議の場が必要だからとか、他の知事経験者から「そんなことはない」とすぐにツッコミを入れられるような弁明から始まりました。

ホテル三日月の件なんかも、あれは出版社社長ではなく誰とも会っていないと思っている人の方が多いのではないでしょうか。私が想像するには、会議をしたことにして、その相手は事務所関係者の妻という理屈で説明した方がすっきりする。その説明でもいいと思うわけです。ただ、家族旅行も兼ねたものであるので疑われても仕方ないし、厳密にやるならば会議相当分の費用を按分するなどして計上しなおして訂正し、謝罪するとしてもよかったと思うのです。(あ、家族だけだったならということですよ)

別荘も「え?なんで売る必要があるの?」って感じもしましたよね。「そういうことじゃないんじゃないの?」と思った方も多いはず。

自らに課した給料の減額にしても、検討→半額→全額とだんだんと厳しい内容になるあたりがセコい。

中国服なんかの説明も、体格の理由で習字が書きにくいからシルクの中国服は滑らかで・・・ってここは笑うところですか?

それに対しては、政治活動として納得いったというあの自称第三者の厳しい視点の弁護士の感覚もわけがわかりません。これは趣味の延長上ということでしかないでしょう。政治活動に使うとしても、それは政治交流で使った半紙や墨汁といったものではないでしょうかね。

個人的なものと理解されても仕方の無いものが多すぎるわけです。

だからこそ、本来は舛添氏が自分の言葉で「最初から」しっかり説明しなければならなかったのですが、そこを弁護士に任せてしまった。自分で「政治活動です」と説明できなければ、政治資金規正法とか収支報告って意味が無いじゃないですか。

それにしても本当にいろいろありましたね。別荘の方が風呂が広いからであるとか、保育所建設などの検討がなぜか韓国学校建設へとか。その理由が恩返し?

このセコい言い訳が延々と続いたために謝罪の言葉も重みがなくなり、誰もが不信感を増してしまった。

最後は、東京の名誉とか、子供がいじめられているとか言い始めて、すっかり問題か変わってしまっています。

最初に潔く身を切っておくべきだったのでは無いでしょうか。初っ端に給料減額3割とか主張してしっかり謝罪していたらここまで追求されなかったかもしれません。

このダラダラと続いた弁明って、旧日本軍が戦力の逐次投入をして、大きな損害を被ったことに似ているように思います。ガダルカナル島での歴史的な敗北はよく指摘されるとおりです。

東京大学卒で変に頭が良かったために、いろいろ計算してその場しのぎの弁明が続いてしまったのでしょう。

経済評論家の上念司さんがこんな本を書いてますが、今回の問題もその一旦かなぁ。

日本人ってしっかり謝罪すれば、結構許してくれるって土壌があると思うのですよ。

武士の切腹じゃないですけど、潔さは美徳にも感じられます。

そのあたりの機微は感じなかったのでしょうか?まあ、孫文を尊敬する中国文化被れの人だから仕方の無いことなのかな?中国人にはウケがいいかもしれませんが。

唯一すごいなと思った点は、こんなに大きな批判を受けて大騒ぎになっているにもかかわらず、ここまで引っ張ってきたその精神力。

でも、仕事は手についてなかったと思いますけどね。

私ならとっくに泣いてギブアップしてますよ。

これで都知事選が行われることになるわけですが、時期的に東京オリンピックで都知事選が重なるから大変って話があります。ならば次に立候補する人は「3年で一旦辞職して、続投していいかどうか選挙で判断してもらう!その時、オリンピックに向かって志ある人が他にいるのなら、その選挙までにしっかり準備していただいて都民にうったえてもらって結構!」とでも主張して出馬したらいいと思うのですけどね。ならば問題ないでしょう。

今回の騒動で政治資金への国民の関心が強まるのは必至でしょうね。最近話題のパナマ文書騒動に見られるタックスヘイブンよりも、政治資金でロンダリングする方がよっぽどお得なわけですし。

男を下げたね、舛添さん。さあ、次は誰?民進党の山尾さん、ガソリンプリカの説明まだ?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です