WordPressでgooへのPing送信がエラーになった時の回避方法

スポンサーリンク
記事上広告
なぜエラーになるの?

Ping送信はたいして意味がないという意見もありますが、かといって検索エンジンへのインデックスが早くなるとか言われたらやっておきたいもの。

かといって、大量に送信するのはスパム的でもあり、サーバーにも負担がある。

したがって、メジャーなところのping送信を数本は使っているのが私の現状ということろです。

WordPressにはデフォルトでPing送信の機能があるのですが、聞くところによると記事の保存や更新のたびに送信してしまうらしく、こまめに保存するような私の作業だとスパムちっくな動きにもなってあちらこちらとご迷惑をおかけしてしまうことになりかねません。

そこでping送信のプラグインの登場なのであります。

よく利用されているのは“WordPress Ping Optimizer”というプラグインのようで、私もこれをインストールして使っています。

でも、なぜかgooへのping送信がエラーになってしまうのですよね。

gooへのPing送信エラーの回避方法

このgooへのping送信エラーは、プラグインというよりもWordPressの仕様が理由のようなのですが、送信エラーを回避する方法もあります。

あらかじめ設定しておいて利用していたのですが、なぜか先日エラーが出るようになりました。

どうやらプラグインをアップデートしたときに設定がクリアされてしまったようです。

そこでもう一度設定をし直すことにして、ここにメモも残しておきましょう。

プラグインの“WordPress Ping Optimizer”を編集することで、gooへのping送信エラーを回避することができます。

WordPressの管理画面であるダッシュボードの「設定」の中にの“WordPress Ping Optimizer”のプラグインをインストールしていれば表示があると思います。

そこにping送信エラーがあれば、赤字で以下のように表示されているはずです。

ping送信エラー

私が使ってるping送信先はGoogle、blogpeople、goo、livedoor、fc2、pingooの6個だけなのですが、上記のようにgooだけ送信エラーで赤くなっています。

これを回避するため、プラグインのWordPress Ping Optimizerを編集します。 

WordPress Ping Optimizer

WordPressのダッシュボードのプラグインを選択し、“WordPress Ping Optimizer”の「編集」をクリックします。おっと、編集の前にプラグインは停止しておいたほうがいいかもね。

編集するファイルは、cbnet-ping-optimizer.phpで以下のような画面になるはず。

プラグイン編集

この中を、「command + F」キーなどを使って以下の場所を探します。今回は「WordPress」で検索しています。

$client->useragent .= ‘ — WordPress/’.$this->cbnetpo_wp_version;

これの「WordPress」の部分を適当な任意の文字列に変更して保存します。

$client->useragent .= ‘ — myBlog/’.$this->cbnetpo_wp_version;

みたいな感じに適当で構いません。

プラグインを有効化してping送信してみるとエラーが回避されて、無事gooにもping送信ができています。

Ping送信完了

プラグインのアップデートがあったときに、ここがデフォルトに更新されて再度送信エラーが出ていたようです。

以前変更したのになぜなのかと最初は思いましたよ。まさかgoo側がピンポイントで私のping送信をブロックしたわけでもないでしょうし。スパムちっくな運用はしてないですからね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です