macOS Sierraのピクチャ・イン・ピクチャってYouTubeでもできた。私の一番欲しかった機能かも

スポンサーリンク
記事上広告
macos-sierra

macOS Sierraにアップデートして一番活用してる機能。それはピクチャ・イン・ピクチャです。

ながら作業の好きな私にとっては、動画を再生しながら他の作業をするっていうのは至福のひとときでもあります。

これって便利ですね。私の一番欲しかった機能かもしれません。これまでの数々のアップデートで新機能をほとんど使ってこなかった私としては、今回のアップデートで一番この機能を使っているかもしれません。

ピクチャ・イン・ピクチャとは

ピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)は、再生している動画を画面の片隅に小さく表示しながら、他のアプリケーションで作業ができるってやつですね。

対応してない動画サイトもあるようですけど、vimeoのサイトでピクチャ・イン・ピクチャをやってみるとこうなります。

pinp1

動画の右下の方にあるアイコンをクリックします。

このアイコンですね。

pinp

するとこのように動画の画面が小さくなって角に表示されます。

pinp2

4隅の角なら移動させることができます。表示させる位置は4隅の決まった位置のようですね。

作業しながらでも見やすい隅に表示させて利用します。

元に戻したいときは、動画の画面にマウスポインタを持っていけば同様のアイコンが表示されるので、クリックすればOKです。

YouTubeでピクチャ・イン・ピクチャ

一番利用する動画といえばYouTubeだと思うのですけど、PPAPを見ながらやってみようかと再生してもピクチャ・イン・ピクチャのアイコン表示が無いんですよね。

pinp3

YouTubeは対応してないのか・・・と思ったら出来ましたわ。

画面にマウスポインタを持っていって右クリックを2回、カチカチとやったら選択画面が出てきました。

pinp4

「ピクチャ・イン・ピクチャ」をクリックします。

pinp5

できました!

pinp6

動画を再生しながら、この投稿記事を書いています。

これで、ながら作業が楽しくなりました。(いや、もっと集中しろ!)

残念なことに、ブラウザはSafariじゃないとダメなんですね。対応してくれたらさらに楽しくなります。

以前は、画面分割で同じようなことをやったりしていましたが、さすがに作業画面が狭くなるので諦めてBGMにしてました。

でも、ピクチャ・イン・ピクチャはかなり役立ってます。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です