遅まきながら、macOS SierraへMacBook Proをアップデート

スポンサーリンク
記事上広告
macos-sierra

アップデートでいろいろと不具合が報告されていたmacOS Sierraですけど、そろそろいいかなと思って、私のMacBook Proも先日Sierraにアップデートしてみました。

ファイルサイズが4.77GBもある。

でも、ネットで調べるとYosemiteは5GB以上あったみたいですから、別にどうってことないサイズでしたね。

私の環境ではダウンロードに約1時間かかりました。

続いてインストールは大体30分くらいだったと思います。

ここまでは特に何もする必要はなく、AppStoreのダウンロード項目をクリックしただけです。

起動してセットアップ画面になりますが、これまた特に変わったことはありませんでしたね。

許諾の同意のクリックと、iCloudのアカウントを入力したくらい。

何かこのあたりでトラブルがあった人の記述をネットで見かけたんですけどね。

確か、iCloudの設定の時に気をつけないと、デスクトップ上のファイルをiCloud同期させて、他の端末でもファイルを利用できるようにする形になっていて、いらないファイルをデスクトップに置いていると、iCloudの中の整理が面倒とかいう話でした。

便利な機能だとは思うのですが、私は使わない機能。そこだけは意識していたのですが、インストールでは何らその気配はありません。

ネットではチェックする項目があったというような記述があったのですけど、私には見えなかったんですよね。

で、勝手にそういう設定になるのかなと思ってましたが、特になってない。この設定をオフにした人の解説を見てみると、システム環境設定からiCloudを選択してiCloud driveのオプションの中にチェック項目があるというらしいので見てみたら、チェックが入ってない。

最初からそういう仕様に変更されてたのかな?

とりあえずは疑問解決。

特にいまのところ私は不具合は感じられません。

Siriは設定してますけど、まだあまり使いそうにない。

「Hey Siri!」と言っても、そばに置いてあるiPhoneのSiriが起動するだけ(笑)

Macでの起動はアイコンクリックなんですね。

AppleWatchを持っているわけじゃないので、自動でロック解除の機能は関係ないし。

メッセージ系のいろんな機能も、相手がMacやiPhoneじゃないと意味が無いのだろうからどんなものなのか実際に使う機会は私は少なそう。もっぱらSNSなどでのやりとりになっちゃってますからね。

「ピクチャー・イン・ピクチャー」は私のように暇つぶしに動画を流しながら作業したい人には便利かな?YouTubeはクリックするところが無いから対応してないのかと思ったけど、画面上で右ダブルクリックで項目が出てきました。

ただブラウザがSafariなんですよね。Chromeでは対応してないみたいなので、その辺りは残念。

ま、全体的には今のところ問題ないですね。これまでのアップデートでも新機能をほとんど使ってない私。それでもMacはいいな。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です