はじめての「iOS 9.3.3」ソフトウェアアップデート。あとOS X El Capitanも。

スポンサーリンク
記事上広告
iOSアップデート

iOSのソフトウェアアップデートのリリースがきてますね。

iOS 9.3.3 ということになります。

私にとってはじめてのソフトウェアアップデートです。

ま、はじめてといっても機種をiPhone6sにしてからはじめてという意味ですので、やったこと無いというわけではありません。

iOS9.3.3アップデート

不具合およびセキュリティの問題を修正・改善ということですので、特に驚くべきことがあるわけでもなさそうです。

ネットではアップデートに時間がかかったという話もあるようで、ちょっとイライラしそうになったのですが早速やってみました。

私の環境ではダウンロードとインストール合わせて約8分で終わりました。

20分から30分かかるのかと思っていたのでちょっと拍子抜け。

たまたま時間的に良かったのかな?

無事、私のiPhone6sのはじめてのアップデートが問題なく終わりました。

と思っていたら、MacのOS X El Capitanも10.11.6にアップデートがリリースされてます。

El Capitan アップデート

Macの安定性、互換性、およびセキュリティの改善ということで、こちらもルーティーン的なものですね。

こちらはどれくら時間がかかるのか、今のところ不明。これからアップデートします。

(追記)

OS X El Capitan10.11.6 へのアップデートは、私の環境ではダウンロードとインストール合わせて約20分かかりました。軽めのアプデという感じですね。

(再追記)

今回のアップデート、セキュリティ的にはとても重要だったようですね。

マカフィーのブログにこんな記事がありました。

もはやクリックする必要すらない?

この脆弱性は、TIFFファイルの取扱い方法のバグが関係しています。TIFFとは、JPGやGIFのような画像フォーマットで、一般的にPhotoshopや他の画像編集ソフトウェアと関連付けられています。マルウェアの作者がこのバグを悪用すると、TIFFの画像を表示するときに悪意のあるコードを実行させることが可能です。写真が添付されたiMessageを受信する頻度を考えれば、このバグは非常に危険です。なぜなら、iMessageは自動的にファイルを開いて写真を見ることができるからです。画像にマルウェアが含まれていた場合、コードが実行され、デバイスのメモリや保存されているパスワードにアクセスされる可能性があります。

引用元:マカフィー株式会社公式ブログ

おお、怖い、怖い。気をつけましょう。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です