YouTubeをやるならテレビ東京をお手本にすべきだと思った本2冊

スポンサーリンク
記事上広告
テレビ東京関連ビジネス書

巷にはYouTubeを活用しようというものも多くなりました。YouTubeを使って稼ごうといった教材や本なども溢れています。

GoogleもYouTubeのCMも流したりするなど、力をいれているのがわかりますね。

そんな一般の人が映像を扱って情報発信する時代にあって、この2冊の本は読んでいて損は無いのではないかと思いました。

ただし、YouTubeとは直接関係の無い本では無いことを予めお伝えしておきます。

YouTube時代にテレビ東京の企画力は参考になるかも

テレビ東京といえば予算が少ないので企画で勝負といった番組作りが徹底しているテレビ局だと思います。

ちょっとテレビ東京の方には失礼だったかもしれませんが、まさにこの点がYouTube時代に生きてくるのではないかと思っています。

一般人が作る映像なんて多額の予算を投入して作られる在京キー局の番組のようにはいきません。

だからこそ、予算が少ないと言われているテレビ東京の発想は使えるのではないかと思うわけです。最近は「テレビ東京の躍進」といった言葉もよく目にするようになりましたしね。

アイデア勝負のテレビ局。この2冊の本からもそれは直接的に言及されてます。

高橋弘樹『TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書)

濱谷晃一『テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書)

どちらの本の著者もテレビ東京のプロデューサー。よくある発想法やアイデア本の仲間といってしまえばそれまでですが、低予算での番組作りを強いられている中で出てくる企画の作り方というわけですから、我々一般人と立ち位置は似たようなもの。

いや、立ち位置は変わりないとしても一般人は映像を作って結果を出そうという発想が少ない分、結果を求められるテレビマンの発想法だからこそ参考になると思われるわけです。

若干、本にする上での強引な記述になってるかな?と思われるようなまとめ方もありますが、そのあたりはご愛嬌。

『TVディレクターの演出術』のほうは、ちょっとしたカメラ撮影のテクニックも書いてあるので、単に映像を撮っただけでは面白くないから一工夫こだわってみたいという一般素人にはよいお手本になるとも思います。

そしてこれが私が作ったYouTube動画です!

この2冊を読んで、試しに作ってみたYouTube動画かこちらです!

という感じに、ここで公開できてたらかっこいいのですがね。

作ってないです。ごめんなさいm(_ _)m

試験的にiPhoneで撮影した動画をアップロードしてYouTubeへの投稿や編集の仕方をいろいろ試している段階ではありますが、まだお遊び程度です。

そのうち、公開することもあるかもしれません。(いや、実はもう既に私はあなたのよく知ってるYouTuberであるのかもしれません…)

ということで、ストレートなYouTubeを扱った本とは違った映像、企画に関した本を採り上げてみました。

ちなみに、テレビ東京では森本智子アナウンサーが大好きです。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です