トランプ大統領のコイの餌やりを「豪快だ」と意図的に印象操作するマスコミはホントにゴミ

スポンサーリンク
記事上広告

マスコミの印象操作は本当に醜い。今回の米国大統領訪日の報道で、どうしてもマスコミはトランプ大統領を貶めたいようですね。

少しは日米首脳会談という事の重さをもっとマスコミは認識すべきでしょう。

ネットで話題になっているのは、このトランプ大統領のコイの餌のやり方ですね。

確かに写真で見るとタイトル通りに豪快です。

記事を読むと、最初はスプーンで撒いていたけども最後はこうなって安倍総理も苦笑いとか言う流れになっています。

いかにも日本庭園という静かな場所の空気を台無しにするトランプ大統領というイメージを印象付けたいようです。

トランプ大統領はもちろん豪快なキャラクターの持ち主ではあるでしょう。でも、そんなに場をわきまえない性格でしょうかね。実業家としての手腕を持っている人がそんなわけもなく理不尽な態度をとるでしょうか。

実際のコイに餌をやるこちらの動画を見ればわかります。

コイの餌やりは、安倍総理が最初に餌を撒いてトランプを導いています。

そして最後、残りが少なくなった餌を安倍総理が先に器を持って「バサァ」と撒いているのです。その後にトランプ大統領が撒いています。

だから、トランプ大統領を豪快と評するのは明らかに印象操作でしょう。

私たちが知りたいのは、こんなことでは無いんですよ。

今、日本が置かれてる状況をマスコミはわかってます?

わかるかなぁ?ワカンねぇだろうなぁ…

(2017年11月7日 追記)

ハフポストが言い訳をするように醜い記事を掲載している。今度はコイにバッサーと餌をやったのは、トランプ大統領より安倍首相が先だったと今更のように記事を書き、安倍総理を貶めたい雰囲気が漂う。

「AP通信が配信した動画を改めて見てみると」などとあるが、そんなもの最初から見てるに決まっている。実際、別の記者のハフポストの記事には最初にトランプも匙を使って餌をやっていることに触れている。改めてなんて動画を見たなんてのは批判が沸き起こったためのただのアリバイ作り。トランプのやっちゃった感を印象付けたいための印象操作だよ。

クソなメディアだわ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です