衆議院解散報道で目立つ野党政治家と左派メディアのダメさ加減

スポンサーリンク
記事上広告
国会議事堂

ここのところ持ち直している内閣の支持率ですが、ちょっと前までの森友・加計騒動での支持率低下からしばらく衆議院の解散は無いだろうと思われていたのですが、突然解散のニュースが出てきました。

安倍晋三首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施することを軸に調整に入った。内閣支持率が回復基調にあるとみて、民進党など野党の選挙協力や、小池百合子東京都知事の側近らによる新党結成の動きが進まないうちに解散する方が得策との思惑がある。

引用元:毎日新聞 首相、冒頭解散で調整 10月22日投開票が軸

安倍政権の嫌いな朝日新聞をはじめとする言論空間は、「大義なき解散だ!」とか騒いでいます。森友・加計問題を隠すことだの、北朝鮮のミサイル危機に不適切だのと、もっともらしいめちゃくちゃな話を言ってるわけです。もっと国際情勢とか政治シュケジュールとか分析しろって思います。

北朝鮮危機は、中国の党大会が終わるまでは大きく動くことはないだろうという話はよく言われていますし、そのあたりは米国ともしっかり話をしていることでしょう。それに内閣支持率が上がっています。小池百合子の金魚のフンと民進党から逃げ出した人たちもまとまっていない。若狭勝さんは一院制とか言っててもう何が何やらですよ。民進党は新体制でも浮気問題などが出てきてボロボロ。勝つためには選挙をやる意味はあるでしょう。

それに、安保法反対とか、憲法改正反対とか言ってるのだったら、争点はあるじゃ無いですか。

そもそも森友・加計問題から逃げる選挙だとか言ってる野党はアホなのかと。選挙終わってまた議論すればいいじゃ無いか。議論する価値の無い話題だけども。そもそも北朝鮮危機と言われている間にこんなくだらない話題で時間を潰していたのはどこの国の野党やマスコミだったのでしょうか。

与党に問題があると思うのなら、野党にとっては選挙は絶好のチャンスだろうに。そんな発想が無い保身に走っているのが野党ですよ。

民進党の前原氏は、まさにこの選挙を「保身だ」と批判していました。何をポイントの外れたことを言っているのか。

共産党の小池氏はちょっと前には解散しろと言ってたんですよ。

それが今はこうですわ。

本当にくだらない野党ばかり。これと同じような報道姿勢の朝日新聞も然り。

ミサイルの危機で思い出すのは民進党が民主党だった時、まだ政権に付いていて自民党の政権が映る前の野田総理の解散による選挙の時のことです。

当時も北朝鮮がミサイルを発射するという報道がなされていました。その選挙期間中に、民主党政権の官房長官だった藤村修氏は「要は北朝鮮のミサイルがいつ上がるかだ。さっさと月曜日に上げてくれるといいんですが」などと発言していたんですけどね。

危機管理を言う資格なし。

ほんま、ブーメラン何本あるんだよ!今の左派野党は日本に不要ですわ。

そんなに嫌なら、選挙で勝てよ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です