ラテ・アートはカフェではなく、お好み焼きでこそウケるかも?

スポンサーリンク
記事上広告
ラテアート

カプチーノやカフェラテの上に絵を描くラテ・アートは初めて見たときは驚くばかりでしたが、その表現も芸術といっていいくらいの出来栄えのものもすでに登場していて、なかには3Dで表現したりするものもあります。

また、家庭でラテ・アートを楽しめるキットまで出ていたりもします。

このラテ・アート。違うところで楽しめないかなと思いました。

思い浮かんだのがお好み焼きです。

今日、昼にお好み焼きを食べていて想像してみました。

お好み焼きのソースがたっぷりかかっている上にマヨネーズでラテ・アート的なものができるのではないかと思いました。

もちろん、ちょっとした模様のようにマヨネーズをかけ、串などでその上を擦ってマーブル模様のようになったお好み焼きを出すところはすでにあります。

また、マヨネースで文字を書いたり、絵を描いてみたりして遊んでいるものはネット上を探せばいくつか出て来ます。

しかし、ラテ・アートのような芸術性極まるといったクオリティのものはちょっと見かけませんし、それにまだまだバラエティに溢れるというほどのものでもありません。

お好み焼きだとキャンバスとしても大きいし、いろんなものが描けたりして面白いと思うのですがね。

カプチーノなんかで描くよりも自由度が大きいし、描きやすいいとも思うのです。

これはラテ・アートとは言わないな。マヨ・アート?お好みマヨ・アート?

ただ、青海苔や鰹節をかける前の状態でやらないといけないとは思いますけどね。

凄い絵を描く人が出てくると思うのですがね。写真画質ではないですけど、それくらいリアルな表現をするような人も出てくるような気がしますが。

私が気づいてないだけで、すでに凄いアートを見せつけているお好み焼き屋があるのかもしれませんが、もしそうだったら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

『ラテ・アートはカフェではなく、お好み焼きでこそウケるかも?』へのコメント

  1. […] 出典ラテ・アートはカフェではなく、お好み焼きでこそウケるかも? […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です