朝日新聞がTwitterに広報のアカウントを作ったけど、幼稚な発想にしか感じない

スポンサーリンク
記事上広告

日本維新の会の足立康史議員が朝日新聞に対していつぞやの流行語大賞の言葉を使って批判していたのがちょっとした炎上になりました。朝日新聞も新聞紙上で抗議もしていましたね、確か。朝日新聞は読む価値がないので読んでないですけども。流行語対象の言葉とは別に、「捏造」という言葉も使っていたので、そこに朝日新聞はカチンときたようです。

その抗議に対して文芸評論家の小川榮太郎さんが「なぜ私には抗議しない」といった内容の発言をSNSにしていました。それは小川さんがこの書籍を出版していたからですね。

『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』ということで、森友・加計問題の報道のおかしさについて徹底的に追求しているわけです。

こちらは「捏造」ではなく「報道犯罪」とまで書いているのですから、小川さんもなぜ抗議してこないのか不思議に思っていたのでしょう。なかなかウイットに富んでいます。

で、この罠に朝日新聞が愚かにも引っかかったのかどうか知りませんが(笑)、よう役抗議をはじめたようで、謝罪と訂正を求める申し入れをしたようです。

ネットでその申し入れの内容が公開されているのですが、読んでで馬鹿らしくなるようなものが多い。それくらいの批判的な意見は誰もがやってるし、朝日新聞自体もやってるだろうと思われるような、要するに論評の範囲と呼べるようなところまで文句垂れてますわ。

引用するのがばかばかしいので朝日新聞のコーポレートサイトを見てください。

いや、ほんと読んでて前後関係逆だろって話も出てるわけですよ。朝日が報道して議論になり関係者が出てきて疑惑が無いとわかったことに小川氏が「報道がおかしい」と言っているのに、朝日は「報道している」というような言い草で訂正と謝罪を求めているような申し入れも見られます。

KY捏造報道や慰安婦誤報報道から全く朝日新聞は反省して無いようですわ。

そんな中、朝日新聞が新しいツイッターアカウントを作成しています。

@asahi_koho

朝日新聞の広報アカウントのようです。

作って最初の投稿がこれですよ(笑)

まさにこのためだけにわざわざアカウント作ったって感じじゃないですか。

それに朝日新聞のコーポレートサイトに記載されている過去記事は、加計問題の報道に対しての朝日新聞批判に対する訂正の申し入ればかりなんですよ。(現在3記事だけ)

幼稚すぎませんかね。

わざわざ朝日新聞が一言論人の著書に対して動いたわけです。なんか「痛いよ〜」って朝日新聞の声が聞こえてきそうですが(笑)

この申入書を読んで一点だけおかしいと思うことがあります。

貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます。

引用元:朝日新聞社「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者・小川榮太郎氏と飛鳥新社への申入書

「弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」って、なんか変じゃ無いですか?

普通、そこは裁判でやることでしょ? 対応が無ければ法的訴訟に訴えますとかいう表現が普通じゃ無いの?言論機関のくせにいきなりなの?

チンピラかと思いましたわ。。

朝日新聞のコンプライアンスっておかしいとしか思えませんわ。

慰安婦誤報の謝罪記事だって英語での発信はごまかしていましたからね。英語の記事にはしたけども、通常の英語サイトには掲載せずになぜかその記事だけ日本のサイトに掲載するという「やってない訳では無いアリバイ作り」みたいなことばかりしてましたからね。

ま、とりあえず、小川榮太郎さんと公開討論でもして欲しいですわ。文章のやりとりだと論点ズラしたりして肝心なところを逃げたりしますからね。

ほんま、報道機関の現状は学級崩壊よりも醜い状態なんじゃないの?

朝日新聞といえば、私個人としても不愉快な思いをしたことがあるなぁ。まああれは販売の方だけども。そのあたりはまた別の機械に。

余談ですが、申入書の中に「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」って書かれてますけど、カッコの使い方がおかしくないですかね? 普通は『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』って書くんじゃないですかね? 書籍名って普通『』でかこむんじゃないの? 

まあ、悔しくて必死なのはよくわかった。

どうあれ、自由と民主主義、言論の自由を守るという観点において、それを行使しているマスコミは、報道内容や報道姿勢によっては大いに批判されることもあって然るべきですよ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です