焼き芋にはコーヒーが合う!(と思う食欲の秋)

スポンサーリンク
記事上広告
コーヒー

食欲の秋というわけでもないのですが、サツマイモをダッジオーブンで焼いて食べています。

普段は焼き芋を食べる時の飲み物はお茶なのですが、最近コーヒーを頻繁に飲むようになっていたのでこの組み合わせはどうかなと思いつつ合わせてみた。

小腹が減っていたので、合わせてみたというよりも気にせず食べたというのが実情なのだけども…

意外に合う焼き芋とコーヒー

特に狙ったわけでもなく、ただサツマイモをコーヒーでパクついただけなのですが。

これ、美味しい!

焼き芋とコーヒーの組み合わせって意外に合うということに気がつきました。

焼き芋の甘さとコーヒーの香りがちょうどマッチしていてお互いを引き立てている感じ。コーヒーには砂糖なしで牛乳を入れていたのですが、これがまた味を滑らかにしてくれている感じがします。

焼き芋の香りとコーヒーの香り

焼き芋とコーヒーは合うのかどうかネットを検索してみると、焼き芋にコーヒーは合うという意見は無いわけでも無いようでした。

それよりも、コーヒーの香りが焼き芋の皮の香りに似ているという意見が結構あります。

焼き芋の甘く焦げた香りは、糖類を熱分解することで発生するマルトールと、アミノ酸やたんぱく質を加熱した時に見られる褐色物質を生成する反応に関連します。

コーヒー豆を焙煎すると、豆の中に含まれる糖分やたんぱく質が加熱分解され、それぞれ低分子の糖類やアミノ酸を生じさせコーヒーの味と香りを生み出すのですが、この時も焼き芋と同様に糖類とアミノ酸によるメイラード反応が起こっています。

コーヒーと焼き芋の風味の共通点はこういったところにあるようですね。

アンチエイジングに焼き芋を!

焼き芋は秋の味覚のひとつ。焼き芋にはビタミンC食物繊維が多く含まれています。この2つの栄養成分が、アンチエイジングに効果があると言われています。

ビタミンCは抗酸化作用のある物質と言われていますが、野菜に含まれるビタミンCは加熱調理をすると多くが失われてしまいます。ですが、焼き芋は熱で糊化したでんぷんがビタミンCをしっかり保持しているので熱に強い面があります。

食物繊維は腸の調子を整えます。腸の調子が良くなると免疫機能が向上し体全体が活性化するので、おのずと老化防止につながるわけです。(イモを食べるとオナラが出るというのはこれが原因ですね)

まとめ

この秋は、コーヒーの香りでリラックスしながら焼き芋を食べてアンチエイジング!

お口に合わなかったら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です