自宅のお風呂で温泉気分を味わえる簡単な方法

スポンサーリンク
記事上広告
温泉

自宅で温泉気分になれる方法があるということに気がつきました。

はっきり言っておきますが、個人的な偏見に満ちた方法です(笑)

温泉の素などの入浴剤を入れるなどという反則技は使いません(笑)

ではどうするのか?

自宅のお風呂で温泉気分になれる方法

必要なのは、お風呂のお湯をいつもよりも熱めにするということ。

はっきりいってやることといえばこれだけ。

もちろん、浴衣とかあればさらに良いのですけど。

え?ふざけるなって?

まあ、最初に述べたように個人的偏見ですので。

ですが、これだけだと全く味気ないは確かです。

もっと大きなポイントがあります。

それは、この熱い風呂には夕方の明るいうちの夕飯を食べる前に入るということ。

これが肝な感じです。

まだ日の明るいうちに熱〜い風呂に入って、さっぱりしたところで夕飯を食べる。この何気ないことに劇的な効果がある。(と思ってるだけw)

温泉気分というと言い過ぎかもしれませんが、気分の違いはかなりあると思います。

なんというか、旅行気分といったほうがいいでしょうか。

普段の生活で風呂に入る時間は、やはりどちらかというと遅い人が多いと思います。

食事を食べたあとに風呂に入るというのも多いのではないでしょうか。

では、旅行に行った時って、このあたりはどんなパターンですかね?

おそらく、旅館などに泊まった時は、まだ日が暮れていない頃に風呂に入って、それから夕食をいただくというパターンが多いのではないでしょうか。

あのリラックス感はいつもとは違いますよね。

小さい頃、スポーツ少年団の遠征や合宿などでも、汗だくの体を洗い流してそれから夕飯になります。

そんな感覚が、この入浴パターンには蘇ってくるんですよ。

ま、温泉気分というよりは、旅館気分、合宿気分といったほうがいいのかもしれませんが。

たまには気分を変えて、日の高いうちに風呂に入ってみてはいかかでしょう?

間違ってたら簡便な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です